おじいさんとの対話 8    病気の原因と感染症の関係&人体浄化作用の原理 

1 / 5 ページ

 おじいさんとの対話 8

   病気の原因と感染症の関係&人体浄化作用の原理 

himaari:では今回もおじいさんによろしくお願いしまして、ここまで感染症の代表としての天然痘から人間の病気というものを解説して頂きました。

それによると病気というものが本当は必要不可欠なものであると知りました。その事を基本におさらいしながらさらに詳しく解説をお願い致します。

おじいさん:人間がこの世の中に産まれながらにして、遺伝黴毒や最初に述べた天然痘毒素を主なるものとして、種々の毒素を保有している事は前にも述べた通りじゃ。

そうして、これらの毒素の支障によって健康が完全に保持出来得ないものだから、生理的に体外に排泄されるように、絶えず自然浄化作用が行なわれるように造られているのが人体なのじゃ。

君はここまでは理解できたのかな?

himaari:はい、ほんとうにうまく造られているのが人の身体なのですね。では、産まれながらの遺伝毒素というものは大体は分かりましたが、それ以外には?

おじいさん:また遺伝毒素以外にも病原となるものは、産まれた後に入るいろいろな毒素なのじゃ。

そのように絶えず毒素即ち濁血が溜まるので、それを排除してしまわなければ活動に不便を及ぼすから、濁血の元となる毒素を排除し浄血者にすべく自然浄化作用というものが発生するのじゃ。

その際の苦痛が病気であるのだから、言わば病気とは、体内の清潔作用というわけじゃ。

himaari:はい、からだの中のお掃除、からだの清潔作用という訳ですね。けれども自然浄化作用が行なわれる場合、ある程度の苦痛が伴うので、その苦痛の過程を病気と呼んだのですね。確かに病気になると大きな苦痛が伴いますよね。

たかが風邪くらいでも馬鹿になりませんし・・・

おじいさん:人間はその苦痛状態を悪く解釈したんじゃな。

たとえば、人間は誰しも外表である皮膚に垢(あか)が溜まると、入浴という清潔法があるが、中身である五臓六腑にも同様に垢が溜まるので、その清潔作用が病気というものじゃ。

himaari:としたら自然は実に巧く作られたものですね。

おじいさん:そうじゃのう。誰でも病気になると、痰や、はなみず、目やに、なみだ、盗汗(ねあせ)、下痢、腫物(はれもの)、湿疹等のいろんな形にて汚物排除作用が起こるだろう?

だから出るだけ出てしまえば後はサッパリとなって、健康は増すのじゃがな。

himaari:なるほどね、病気をすると毒素が出てしまうので血液がきれいになるからですね。人間がいつもうまく活動ができるのは浄化作用によって障害となるような毒素が減るからですね。それで病気をした後はより健康になるというのが本当であって、そういう意味でなら「病気とはありがたいもの」なのですね。

しかし現代医学の治療ではこの病気症状を止めることに必死になっていますが・・

おじいさん:医学は徹頭徹尾、この浄化作用停止方法が治療となっているからね。本当は病気とは体のお掃除をしてくれる浄化作用なのだが、ところが不思議も不思議なことに、こんな入浴などと違って、一文の金も要らずに済むこの結構な掃除を一生懸命止めて出さないようにするのが医学であるとしたら、何と馬鹿々々しい間違いではないないかね?

何が間違っているといって、これ程の間違いは恐らくほかにあるまいじゃろう。

himaari:これは大変な問題ですね。世界中の先進国ではほとんどが西洋医学を主要な医療として採用していますから「病気を悪いものとして、症状を停止する事を治療だ」としていますね。

西洋医学は病気症状は極力止めることに重点を置いていますが、もしこれが誤りであるとしたなら、それはもうえらい勘違いという事になりますね。

おじいさん:そういう事になるじゃろうな。

ではこの例を説明には一般的に最も多い病気として「感冒(風邪)」を採上げて見よう。

himaari:そうですね、風邪だけはどんな人であっても体験しない人はいないでしょうね。

それに感冒は今もって医学上では原因が確定されていないですよね。ほとんどはウイルス説が信じられていますが、それでもすべて感冒の症状を説明することはできないでいます。非ウイルス性の感冒もあるというし、だいいち、そのウイルス説にしても全然予防ができないでいますね。

治すにしても症状に対しての対症療法でしかなくて風邪そのものを治す方法など無いのだそうですから、感冒というのはいまだに医学上の謎の病気と言ってよいくらいですね。

おじいさん:医学が感冒という浄化作用の基本中の基本を知らないのだから、その他の病気についても推して知るべしなのじゃ。

しかし、わしの発見によれば風邪は最も簡単なる浄化作用の一種に過ぎない。

先ず感冒に罹るとすると、発熱、頭痛、咳嗽(せき)、喀咳(たん)、鼻汁(はなみず)、食慾不振、発汗、倦怠感、節々(ふしぶし)の痛苦等が伴うじゃろう。

もちろんこれは浄化作用の過程なのだが、これらについて詳細説明する前に、先ずは浄化作用とは如何なるものであるかを説明しよう。

himaari:これまで何度も聞いてますよ。風邪が体内の毒素の排除作用というのは分かりましたが、もっと詳しくですね。

浄化作用の原理

おじいさん:病気とは浄化作用という事は繰り返して言っているが、これを大別して第一と第二に分類する。

まず第一浄化作用とは血液中にある種々の毒素が身体各局所に集溜固結するのである。集溜すべき局所としては、すべて神経を集注する局所じゃな。また人体が静止している場合には身体の下部になる。そうして集溜毒素は時日(ときひ)を経るにしたがい漸次硬化するのじゃ。俗に「凝り(こり)」と名付けるものもそれだが。この場合、苦痛は全然無い事もあり、あるとしても肩の凝り位の程度じゃな。

himaari:なるほどね、「肩凝り」は結構ありますね、その他には首の凝りなどもありますし。腰などが固くなるのも凝りの一種なのでしょうか。浄化作用と言っても、まずは毒素を身体のどこか局所に集める働きがあって、未だ毒素を体外に排泄する段階ではないのですね。

おじいさん:さよう、浄化作用と言っても固まる段階もあるのじゃ。全体としての汚れを局所に集めて凝縮させる様なものじゃ。

まず全体の汚れを一部に集めてやる。ちょうど部屋全体のゴミをほうきで掃いてちりとりに集めるようなものじゃ。

himaari:現代では電気掃除機で吸い込んで集めるようなものか・・・

おじいさん:次は第二浄化作用についてじゃ。

これは第一浄化作用によって毒素が集溜して固結がある程度を超える場合、今度は自然排除作用が発生することになる。その際、排除し易くするがために液体化しようとする。これが即ち「発熱」というわけじゃ。

みんなの読んで良かった!