自分に自信がない人が自信を持てる3分の言葉

世界に一つしかないもの。それはあなた。

世界で1人しかいないのがあなた。

あなたは生まれてからたくさんの経験をした。

あなたはすごい人間である。

あなたは考えることができる。

話すことができれば、コミュニケーションを取ることができる。

今できなくても、いつでも変われるチャンスがある。

あなたのことを大切に思っている人はたくさんいる。

あなたがもし70歳でも今から新しい人生が始まる。

どんなにお金を持っている人でも、どんなに愛する家庭に生まれていても、
【人生とは苦難の連続である】

それを経験・成長と呼ぶ。

辛い・苦しいという体験が一つもないならばそれは拷問である。

おそらく楽しさも喜びも感じずに過ごすことになるからである。

貧乏な人はたまに美味しいものを食べるから幸せなのである。

裕福な人は苦しみを作るために鉄人レースに参加したり、断食をしたりしている人も多い。

苦難を感じないと楽しさがわからないからである。

苦難の連続の中にあなたの人生がある。

あなたは今どこを経験中だろうか。

辛い経験のあとには必ずいいことが待っている。

人生楽ありゃ苦もあるさ。

苦があるからこそ、楽のために頑張れる。

自信を持って人生の苦難に望もう。

必ず楽が待っているから。

あなたは世界に1人しかいなく、類似製品もいない。

いつでも、どんな状態からでもチャレンジができる。

そのチャレンジの歯止めをかけているのはあなたのマインドのみである。

子供の頃にあった「あと一歩踏み出す勇気」

死ぬ間際に99%の人がこう思うらしい。
「もっとチャレンジしておけばよかった」


あなたの潜在能力はこんなもんじゃないはずだ。

自分に自信を持って人生を楽しむ権利を持っている。

やりたいこと、感謝したい人、行きたいところをリストアップしてみよ。

まだまだ自信を失う時ではないことがわかるだろう。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。