50代からこそ、笑って生きよう、楽しく生きよう、エネルギーを持って生きよう! そのコツ 1.

年を取ったからって、人生をあきらめ始めている人はいませんか?

これから、この年だからこれからこそ、私たちの本当の人生が始まるのです。周りに左右されない本当の自分らしい生き方、それができるのが50代からです。

肉体の衰えに気づけば、いつかは自分の人生にも終わりが訪れることは自覚します。それを自覚すればこそ、今からの人生に真剣に向き合うことができるのです。

じゃあ、どういう生き方をしたら、自分の人生に納得して、満足して、毎日を生きていけるか?

それは周りの批判に打ち勝つ勇気を持つことです。自分の人生の後半は自分で仕切るという覚悟をもつことです。

平凡に生きるのをやめよう。

安定を望むのをやめよう。

自分の好きなことにかけてみよう。

今までいろんな義務や責任に縛られて生きてきたからこそ、自分自身のファンタジーを夢見ていきていこう。


そんな風にいきるために、自分をもっといつも幸せ気分にしてくれる方法があります。それは50年間以上生きてきたプライドを捨てて、子供のころ、または若いころ好きだった、ポーズを思い出してください。

例えば、シエー とか ラッキー とか ガッツポーズ とか、ヤッター とか、よっしゃー 

そういううれしい時にする、(ちょっとはずかしい)ポーズを自分だけで作ってやるのです。

これは、自分を鼓舞するうえで、とてもやくだちます。いやな気持とか落ち込む気持ちとかを振り払ってくれて、すごくげんきにしてくれるのです。

そういわれてみれば、アメリカでセールスで成功している人はみんな自分なりのガッツポーズをもっているのです。テレビでよくみかけます。

私はよく車の中で、自分なりのガッツポーズをしながら、大声をあげています。そうすると不思議にそのあと、自分でわらいだしています。

でも、そういうポーズを作ると、不思議とそのポーズをしたくなるようなうれしいことや楽しいことが増えてくるのです。だから、試しにやってみてください。あほだった、子供のころに戻って。

50代から毎日笑って生きることをめざします!





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。