ゲイのおっさんにお持ち帰りされた話

1 / 4 ページ

当時26歳だった僕は、なぜかゲイのおっさんにお持ち帰りされてしまった。

  

※僕はゲイではありません。

※僕は同性愛否定派・反対派ではありません。

※このストーリーに同性愛者を否定・中傷する目的はありません。


☆★☆★☆100万PV突破☆★☆★☆

本当にありがとうございます!!!


この日は意中の女友達と食事の予定があった。

いわゆるデートだ。

19時に仕事を終え、いち早く会社を出る。

向かう先は”わたしとあなたのオサレスポット恵比寿”(公式でそんなキャッチフレーズはない)。

先に恵比寿で待ってくれていた女友達と合流して、いざニューオープンした知人の店へ。

開店祝いの黒糖焼酎「長雲 一番橋」(とてもおいしいよ!)を知人(店長)に渡し、

やいのやいの2人で飲み語る、語る飲む。


おなかもいっぱいになったところで、お店を変えることにした。


2件目は言わずと知れた恵比寿の人気店「ZEST」。

最高の雰囲気でおいしいお酒を堪能。

やっぱり恵比寿ZESTは今日も最高だ。

やいのやいの友達と2人で飲み語る、語る飲む。

なんと楽しいことでしょう。

ここは竜宮城か?


おっと時間は24時。友達は終電間近だ。

気にせず飲もうと持ちかけたが断られる。しゅん。

残念だがどうやら竜宮城から帰らねばならないようだ。

あぁ黄金の時よ、また会おう。


友達と別れ、いそいそと終電間際の電車に駆け込む。

車内は残業帰りの疲労困憊サラリーマン(略称:サラ疲ーマン)や、

酔っぱらいたちの若干のカオスを漂わせつつ、少し混雑していた。


運良く途中で座席に座ることができたが、これが良くなかったのか座った途端に頭と体を脱力感が襲う。

いや~、今日は結構飲んだなぁ。


あぁ、 、、


下心を捨てて、、、


あたまの回転緩めたら、、、



だんだん、、、




だんだん、、、、、。






・・・・・・はっ!


・・・ここはどこだっ!


眠さでまぶたがあまり開かないが、ぼんやりと駅名がわかるものを探す。

(駅名は伏せておこう)


なぜ、最寄り駅まで行かず途中駅で降りてさらに駅のホームのベンチに座っているんだ?

人間、寝る直前の記憶ってないよね。

時間は?

・・・あぁ、終電がない時間だ。

しょうがない、タクシーで帰るか。

家までそんなに遠くない。


腰をあげようとしたそのとき、知らないおっさんが登場した。

いつからいたんだ?

50代前半くらいであろうか。

俳優の斉藤洋介似の、まさに「おっさん」がそこにいた。


おっさんは言う。

おっさん
なに、終電乗り過ごしたんでしょ?
うちで飲もうよ。
そんで、よかったらうち泊まっていきなよ。
おっさん
わたしもヒマだからさ。


※写真はイメージです。実際にはこの人ではなく、こんな晴れやかな登場ではありません。



悪い人ではなさそうだ。


まあ、ヒマなんだろう。


知人で似た経験(居酒屋で隣り合った既婚サラリーマンと意気投合してその人の家で飲み、

泊めてもらい、朝は奥さんの手料理まで振る舞ってもらった)

をした方がいたので、僕も経験してみようと思い、二つ返事で承諾した。

(下に続く)


※※※※※※※※※※※※※※※

※この記事書いたワタクシ(にーさん)の紹介

個人でアプリとかLINEスタンプを制作しております。

日本最大級のなぞなぞサイト【なぞ.com】(近未来なぞなぞ)

も一人で作りました!

↑7000問以上のなぞなぞを全問無料で公開しています♪

のぞいてみてね♪

例1:ブラスバンド=2 吹奏楽=0 パントマイム=3 ミュージカル=◯ さて いくつ?

例2:アイロン ハンガー メガネ ふとん 共通点 な~んだ?

※※※※※※※※※※※※※※※


(続き)

駅を出でおっさんの家に向かって歩く。

歩いている間に僕の人生相談。

社会の先輩にご指導・ご鞭撻を受ける。

おっさんは仕事ができそうで結構な給料をもらっていそうだ。

身なり、話しぶり、考え方で伝わってくる。

話し方には自信があふれており、論理的に話し、すべてを的確にそして説得力とともに回答をくれる。

僕は今日、人生の師に出会ったのだろうか !



にー
あ、すいません、そういえば名前伺っていいてすか?
おっさん
ん?うん、まあいいじゃないか。


おっさんに名前を聞くと濁した。


にー
僕はにーって言います。よろしくお願いします。
おっさん
ん?うん。


なんだろう?名前のやりとりとか自己紹介への興味の無さが半端じゃない。

まぁいいか。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の近未来なぞなぞ なぞQさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。