【音楽を始めてからギターを置いてみたら世界が広がっちゃった話し。】

【バンドが楽しくって仕方なかった(高校ー浪人編)】

高校三年間ひたすら僕はバンドをしていました。

中学からギターを始めて、中3の受験シーズンに担任の先生に


先生:「村上、高校どこいくんや?」

僕:「んーとりあえず後期試験でも受けて・・・○○高校行きたいと思ってます」

先生:「内申足りひんで」

僕:「?!」

そのとき内申書の大事さを知りました。 苦笑

(なんでこんなことになってのかはまた書きます多分)

僕:「じゃあ受かるとこってどこですかね」

先生:「新設校で前期試験やけどここどうや」

僕:「じゃあそこで」

そんな感じで高校を決めました。

僕はその当時バンドさえできてれば楽しいから後は何でもいや

くらいに思っていました。


そうやって、高校3年間は音楽に没頭し

また進路を決める時期・・・

先生:「村上、大学どうするんや」

僕:「ギター職人になろうと思ってるので、東京の専門学校にいこうと思います」

先生:「そうやな、ほんなら資料とか集めときやー」

僕:「はーい」

そして、親にその話しをする・・・

おかん:「なにいってんのあんた!!!一人息子やねんからちゃんと4大いきなさい!!!!」


めちゃくちゃに怒られました。。苦笑


そこから二転三転して、某私立大学入試当日


問1.次のf(x)の導関数を求めよ


導関数・・・?


90分間がとても長く感じました。苦笑

ぼくはそっとギターを押し入れに入れ、浪人生になりました。

今となっては四年生の大学に行ってよかったなと本当に思えます。

おかんありがとう。









著者の村上 祥太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。