【音楽を始めてからギターを置いてみたら世界が広がっちゃった話し。(大学-現在①)】

そんなこんなで幕をあけた大学生活ですが、

大学に入ったらサークル入って、

またバンドやって、バイトも色々やって

飲み会して、楽しみきるぞー

なんて思ってました。。。苦笑


入った大学は工業大学で、浪人のときに焦っていたため、

工業大学というものがなんなのかわかっていませんでした。。。

まずほぼほぼ男子しかいない。しかも学部は情報科学、

キャンパスはものすごく狭く、他の学部生がいない。。。


サークルに入ってみるものの、やりたかったような音楽ができる環境ではなく

一週間でほぼ幽霊部員に、

飲み会もとても閉鎖的で、盛り上がりも少なく。

バイトを始めたもののただの激務で面白みも無く。

そんな感じで大学生活は始まりました。。。


そんな中じゃあ外でライブするか、と思いバンドをなんとか組み始めて見るとなかなか楽しかったです。

外で様々なバンドとライブさせて頂き、

プロの方々と一緒のステージに立たせてもらったり。いい経験ができました。

しかし、外でバンドをやるということはついてくるのがチケットノルマ。

だいたい1500円で15枚だとか20枚だとか、

これがなかなかさばききれず、そこに注力しているうちに意識がそこに回ってバンド活動自体が音楽を楽しむだけのものではなくなってきていました。(だから友人のライブチケットは買ってあげてください 笑)


気がつけば純粋に音楽を楽しめなくなっていました。

そうして僕の外でのバンドも活動を少なくしていき、解散しました。


そんな中、なにか違う事がしたい

ふとそんなことを考えだしている矢先。

大学の友人が、「学生だけでキャンプするねんけど、きてみぃひん?」

今思えばよくあるイベントのお誘いって言うやつでした

ただ何かを探していた自分にとってまたとない何かのチャンスと思い僕は二つ返事で内容も費用も聞かず

「いくわ、笑」

と返事していました。


今思えばぜーんぶこれがきっかけです。



著者の村上 祥太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。