田舎者の自叙伝(お別れ編)

1 / 3 ページ

先に書いておきますけど、結構重い。たぶん


チームの一員

意味があるかどうかわからない資料に目を通すこと、2週間ぐらいだったでしょうか。

ついにチームにジョインして実作業をやらせてもらえることになりました。


前川さん
あー、ともぞーは白田くんのチームね。白田くんともぞー指名したから。

その部署は24時間態勢で勤務にあたり、5チームを3交代で回してるような感じだった。

ともぞー
白田さんとこか、ラッキー

と言うのも研修を受けている間にも3交代でチームは入れ替わっていたので、全てのチームの状況などはなんとなーく把握していた。

楽しそうなチームは前回、俺が寝ていたのをおとがめなかった博多弁の先輩と、白田さんのチームだった。

残りはおっさんだったしなんか空気は重かった。


白田
よろしくねー!
ともぞー
あ、はい。お願いします。


指名した理由は、同期の笹原がオタクっぽかったので、消去法。

だったらしい。


なんだよ、Googleって

以前にも書いた通り、当時は人差し指でしかキーボードを叩けない一切使い物にならないガキんちょでした。

一番始めに教わったのは、Googleの使い方でした。

知った当初は検索が楽しくって色んなものを検索しまくってた。


そして、当時、白田さんに言われて、すごく印象に残っているセリフがある。

なんで!?

俺が何かする度に、質問されてた。

この質問、今でも業務上よく使っているんだけど、当時の自分にとってはタメになる質問だった。

間違えたことをした時も、自分で何かをしようとした時も、色んな場面でこのセリフに成長させられて来た気がする。

ようは、理由もないのにやるなんておかしいでしょ。ってことなのかな。

思いつきや根拠がないまま仕事を進めても何も生まれないような気はするんですけどね。


でも、白田さんは年も近くて、メチャクチャかわいがってくれました。

タバコ吸わないのに、俺が行きづらいと思って一緒に行ってくれたり、ご飯食べさせてくれたり、Suicaの使い方教えてくれたりww

頭の上がらない先輩の1人でございます。


そろそろ本題

月日は流れ、半年程度でタイピングにも慣れ、通常業務以外のことに手出ししたり自由に小回り出来るぐらい、頑張ってました。







みんなの読んで良かった!