【会社を3年経営してみて思うこと:斉川コラム】

1 / 2 ページ

【会社を3年経営してみて思うこと:斉川コラム】

企業=経営者であり会社名≦経営者名であるということ。

僕の会社BENTASUくんはもうすぐ3歳と2ヶ月のまだ赤ちゃんですが、社会的数字ではもう事業4年目になりました。

細々とやる会社もあれば、拡大拡大でうなぎのぼりの会社など、その経営者によって体質が異なります。

大きなチャレンジをしていって組織を作り、社会的影響力を出していく会社。

個の力で資本を使わず開拓し、成長スピードは遅くともコツコツとやっていく零細企業。

十人十色で100人の経営者がいたら、100通りのやり方があると思います。

3年も会社を維持するために「行動」をやっていれば、様々な経験をします。

イケイケな時期もあれば、消息をたったかのようにいなくなる時期も。

前は客観的に見れていたものが、急に見えなくなったり。。

だって人間だもの。

「成功している人の共通点」と「先人の知恵」について興味が湧いてきました。

会社を作った当初は「若いのに会社を作るなんてすごいね」とか「また新しいことやって切磋琢磨して頑張ってるね」とかチヤホヤされましたが、社会人というコミュニティの中でなにがすごいかなんて人それぞれの価値でしかないなと思うようになりました。

会社を作って仕事にするのと、なにか文化祭で出し物をするって特になにも変わらないことだと今でも思っています。

わかんないものはほんとになーんもわかんないんですよ!

必要になって初めて気づく。

だから経営者でもサラリーマンでもなんでも大切なのは「自己分析」。

自分には不得意なこと多すぎるし、周りの助けが必要なのはわかっていても、周りに助けを要請するやり方がわからない。とか色んな頭で考えてもできないことがわかってきます。

やりたいことをやっているっていうモチベーションの維持ができるってすごい能力だとも思います。

今3年と2ヶ月前の創業当初を思い返したときに、あの時どんな気持ちで仕事してたっけ?とか、熱い気持ちってどこから湧いて出てたんだっけ?とかたまに思います。

そう思うと、当時ふられた彼女を見返すために会社を作って立派な人間になってやるっていう想いが意外に強かった気がします。

会社に社長になってイケイケだった自分が好きだったとか、色んな理由があると思うんですけどね。

みんなの読んで良かった!