英語の成績2にも関わらずインターナショナルスクールに入学できてしまったJKが考える日本の英語教育。



日本人は英語にお金をとてもかけるのにどこか他人本意な上達法を求めすぎ。。?


というのが私の意見。

証拠に外国人と話すだけの英会話がニヤけるほどに儲かるし

当たり前のこと、似たようなことしか書いていない英語書籍が飛ぶように売れる。

偉そうなことを言いました。すいません。

でもそう考えたのは私自身がそうだったからです。英単語帳にテキストによくわからない怪しいセミナーにいくら使ったでしょう。笑


そんな私、高校はインターナショナルハイスクールです。


教科書も授業も共通語も英語。教員はネイティブ。

あらまぁなに言ってるのかわからない。

非常にわからない。とてもわからない。

入学当初、Geographyの教科書があまりにも難しく半泣きでした。なんせ中学の英語の成績は2ですから。当たり前です。

そんな私も今では日常会話と興味のある映画の英語くらいはOKです。(私にとっては大進歩)

結論、英語は英語で。

文法!

Speaking

Reading

とかThe 語学みたいに堅苦しくせず

理科が好きな子は理科を英語でやったり

地理が好きな子は地理を英語だったり。。

私の場合は世界史が好きです。

あと。。日本人はとても賢いのでなんでも完璧主義なイメージがあります。

でも語学において完璧を追求すると母国語でも何年かかるのかわかりません。

電車の車内広告でも小学生向けの英語広告のレベルが高すぎて笑います。

とっても綺麗な文法で馬鹿な私には堅苦しいくらいです。

いつも思うのですが、スピーキングってあんなに完璧な返事じゃなくても

最初は自分の知ってる単語繋いで話してもいいような。。

それから少しづつやっていけばいいんじゃないかなと。

最初から完璧な話す方をマスターしようとして成功できるなら母国語だってすぐ話せるのに。

英語において赤ちゃんな私たちが急に大人の話し方はできないし。。。

最近日本の英語教育が早期化してるそうですが、どうなるんでしょうね。

私たち若者は。将来渋谷で若者が英語で会話する未来なんてきたらいろいろヤヴァイ。




みんなの読んで良かった!