1 / 3 ページ

彼は

音もなく

影もなく

盗人のように忍びよった


ただ、その時が来た


祈りは届くのだろうか

救いはあるのだろうか

光はあるのだろうか


ある者は言った

お前は知っている

罪を知り罪を成したことを

何故、罪を受け入れたのか


そこに救いはない


またある者は言った

お前は怠った

罪を償うことを

何故、罪を受け入れなかったのか


そこに光はない


またある者は言った

お前は善を行った

しかしそれは悪である

何故、悪を知ろうとしなかったのか


そこに祈りはない


またある者は言った

お前に裁きが下る

誰がお前を裁くのだろうか

神か、社会か、民か

誰が裁きを下せるのだろうか

誰がお前を裁かねばならないのだろうか



彼は言った


闇へ沈め

みんなの読んで良かった!