ある女 書かない手紙 

お別れね


本当のさようなら

想ってるわ いつまでも

だから

黙って出て行くの 許してね


夜汽車に揺られ 小さくなって行く

貴方との月日が窓に映る

たまにね 歪んでしまうのよ

映っては 消えていく 


いつか 会えるわ

時が願うなら 


ただ、さようなら


貴方なら大丈夫

貴方と過ごした 駅は 彼方

遠くに行ってしまったわ

貴方の罪は、わたしが持って行くの


いつか 会えるのよ

貴方が 愛する人に


この手紙が届く頃

貴方は何をしているのでしょう

何を想っているのでしょう

覚えてる? あの夜

グラス 傾け

甘美な音色を踊った ふたり

レコードの針 止めて

寄り添った あの時

渇きはしないわ

この雨にだって 流せはしないのね



もし、月が願うなら

もう一度この愛を探してくれる?

また私の恋を呼び止めて



さようなら 恋

さようなら 愛

著者の高津 諒さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。