もし弱小公立中学バスケ部から強豪私立高校バスケ部に入ったら・・・こうなった

1 / 2 ページ

当人は身長165cmで、中学でベンチスタートだったにも関わらず、無謀にもバスケの強い私立高校バスケ部に入部した場合のモデルケースになります。


出身中学は地区1回戦負けで、入学した高校は当時関西でベスト4以上の強豪校でした。


高校に入学し、担任から部活見学の時間を聞いて、体育館に行きました。


体育館は当時フルコート2面で、手前がバレー部、奥がバスケ部でした。


部活見学初日は緊張し過ぎて、体育館の入り口までは行ったのですが、そこから足がすくんで中に入れず、そのまま帰ってしまいました。翌日勇気を出して、練習してるバレー部の邪魔をしないようにそそくさとコートの脇を通り、コートを遮っているカーテンを開けて、ようやくバスケ部のコートにたどり着きました。



初めて観た時、


「あれっ、大学生か社会人?来るとこ間違えたかな?」


と、思ったのを今でもはっきりと覚えています。みんな背が大きかったからです。


他にも部活見学者がいたので、その列に並んで、練習を見学しました。


同じ列に並んでいる人と入るかどうかという話になったのですが、


「レベルが高いからやめとく」って人が多かったのですが、私は当時160cm位だったのですが、そこから185cm位まで伸びるだろう、と全く根拠なく思い込んでおり、入部することにしました。


NBAを良く観ていたので、誇大妄想がひどかったのだと、今では思います。


そして、バスケットボールの練習着もろくに持っていない(中学の時は体操着で練習していた為)のに練習に参加するようになりました。


フットワークから始まり、それを終えると、レギュラー組と補欠組に分かれ、半面づつボールを使ったパス練習を行います。


そして、オールコートでツーメン、スリーメンといった練習をして、オールコート5対5をやり、ラストにシューティングか筋力トレーニングをして、終わり。


というのが、大まかな練習の流れです。



入部当初はそれほど練習がきつくなかったので、無難についていくことができたのですが、夏休みに入ると午前、午後の2部練習になり、一気に練習がきつくなってきました。



それまで、フルコートダッシュやツーメンなどはコートを往復するのは3往復までだったのですが、4、5、、往復と増えていき、


シャトルランというコートを4分割して走って、方向転換して、また走るという練習が他のフットワークをこなした後に追加され、その時々に定められたタイムを切らないと、延々シャトルランをするはめになりました。


要領のいい選手は一発で切るのですが、要領が悪いと、終わりません。


みんなの読んで良かった!