恋愛にしか価値がない

人は自分の価値をどこに見つけるんだろう。
満員電車に揺られて、無表情で画面をみ続けて、イヤフォンからながれる音で車輪の軋む音も隣の人の舌打ちも塞いで、いつまで続くか分からないこの毎日の中で、自分の存在なんて意味があるのだろうかと考える。
自分の存在を考える時点で、存在価値を探してて、それを人は自分で自分を認めればいいとか言うけど、そんな神様みたいな気持ちになれるわけがない。
いつだって、人に愛されることに価値があると教えられて来た。
大したこともできなくて、普通か普通よりちょっと下の女の子が、人に愛されるなんて、簡単じゃない。
嘘ばかりの女友達、競い合うだけの同僚、みせかけだけのつきあい。
たとえその一瞬だけだとしても
愛してると言ってくれるのは、分かりやすい男たち。
恋愛以外に簡単に、いや、SEX以外に簡単に
愛してるて言葉を聞く方法を
私は知らない。

著者のmina miyuさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。