わがままな生き方のすすめ!

もう何十年も誰かのために生きてきたから、いや誰かのために生きることが幸せだったから、この辺で自分自身のために生きることをはじめたい。

今やっている仕事も辞めて、本当に自分が死ぬまでにやっておきたいことをやろうと決めた。とてつもない夢だけど、それに向かって毎日動き始めようと決めた、一歩ずつ。もう私には養わなければいけない誰かもいないわけだし、自分の責任は自分でとればいい。周りからわがままと言われようと、自分が満足する生き方をしないと、生きている気がしない。

一人で出発する覚悟は不思議とできている。心は以外と自然だ。若い時にふらふらと旅をしたように旅立てるかもしれない。でも、若い時はいつも誰かを求めていた。今は自分をいとしいと思う。良くここまで頑張って生きてきたよねと、ほこりにおもう。

幼いとき、小さな日本の町で、いつか海外に行きたいと夢を見ていた。そして、その夢の通り、私はこうしてアメリカでいきている。

だから、今のこの夢もきっとかなうことを私は知っている。自分がこの世でやらなければいけないことがあることにたどりついたからである。自分が生かされている意味に気が付いたからである。どうしてもやらなければいけない。頭の先からつま先まで日本人の私がなぜこのアメリカで、生かされているのか、その意味がやっとわかったのだ。

人は自分が生きている意味が分かった時、そのことに目を背けて生きていけなくなるのだ。いつもそれをやらなければという思いに心が戻ってしまう。それが、その人がこの世に生かされている意味なのだ。だから、周りから何と言われても、わがままになろう。心の声に従おう。ほかのことでごまかしても、幸せには決してなれない。どんなに苦労しても、どんなに大変でも、その人はそのことをしようとするのだ。なぜなら、それがその人が生きている理由だからだ。

わがままに生きよう。自分の心の声を聴いて、一番わがままだとおもういきかたをしよう。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。