価値観の変化。

NYへ来て一年が過ぎ自分なりに価値観もかなり変化してきた。
一番変わったのは自分がアジアの中の日本人だという事を認識したことだ。
街を歩いていてもAre you japanese??
なんて話しかけてくる人はまずいない。
彼等からしたらアジア人はアジア人。
中国人も韓国人も日本人も一緒。
カンナムスタイルが流行った後なんてよく外人にカンナムスタイル歌って~!とか言われて、この人達からしたら韓国も日本も一緒なんだなって思ったのを覚えてる。そんな感じであたしはアジア人なんだなーと認識し始めた。
日本にいた頃は雑誌で見る海外モデルなんかみんな白人ばかり。
青い目の外人とNY行ったら付き合うぞー!とか思ってた。
けど、現実はまったく違った。
アジア人の立ち位置、アメリカ社会でアジア人がどんな風に扱われているかわかった。ライスクイーンていうアジア女を好む外人も確かにいる。
だが、私はその人達がなんかいやだった。白人ときたらアジア人をつまみ食いしたいみたいで興味本位で近づいてくるが、私の英語力の乏しさや、外人のようなフレンドリーな振る舞いに慣れていないあたしが嫌だったみたいで、
一度会って2度と会うことがなかった人が何人もいた。
あたしは自分が思ってたより中身が日本人なことにも気付いた。
うちはお婆ちゃん育ちで食べ物に対して厳しく育てられた。
出された物は残すな。と言われて育った為、食べ残しや好き嫌いが多い人がなんか嫌いだった。
だが、アメリカにきたらアメリカ人はアレルギー持ってる人も多いし、宗教上食べれない食べ物がある人もいた。
そして、食べ物に感謝するっていう概念が彼等にはないのが分かった。
金出したんだから、どうしたってこっちのかってだろ。みたいな感じだった。
もちろん、to go ていって、日本では馴染みのないお持ち帰り制度があるのはアメリカらしいけど、みんなあれは嫌いとかが多くて嫌いな具材を机の上によけ出した時はまぢで引いた。。。
まぁ、そんな感じであたしはアジア人はアジア人がいいなぁ〜と思うようになった。優しく接してくれたのもあるし、やはり価値観とかが似てた。あと一番重要なのが、清潔感がある。これちょー大切です!!!
アジア人っと言っても
チャイニーズアメリカンや、コリアンアメリカンの事だ。
彼らと会話する時はもちろん英語だけ。
まぁ、もっと英語が上達すれば視野は広まるかもしれないが今はアジア人以外は考えられない。ってくらいになった。
これは、日本に住んでた時は考えもしなかったような変化だと思う。
人によって好みはあると思うけどあたしはアジア人が合ってたみたいです。
ですが、好みは好み。
ちゃんとアメリカに溶け込む為に英語も伸ばしていきます。

みんなの読んで良かった!