「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

17 / 26 ページ

後編: 「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

会う。


加藤さんに明日伝えてみて、

それでも会わない方がいいと言うなら、

その意見を聞いて自分が納得したら会わないし、

それでも会いたい!と思ったら素直に会う。


なんかスッキリ。

後は自分が痛みを受け入れられるかの覚悟だ。



夫の7月11日

「妖精に会った」5:30






カーテンを閉め忘れたおかげで、

5時半に目が覚めてしまった。


台風が直撃した入院初日から一夜明け、

こんな日に限って素晴らしく良い天気だ。


ついに、はなちゃんが出産する。

ついに、赤ちゃんと会うことができる。

ついに、赤ちゃんとお別れする。



妻の7月11日

「妖精に会った」8:30


加藤さんが来た。

今日の流れの説明を受ける。


さっそく加藤さんに、

「やっぱり赤ちゃんに会いたいです。」

と言ってみた。


「そりゃ会いたいよね。だってお母さんだもん!」

と快く言ってくれた。


加藤さんは、

みんなの読んで良かった!