勘違いが生んだ悪夢と涙

私の居場所なんてどこにもないんだ

23歳の夏、私はドロップアウトをした。
仕事に行けなくなった。
自分のしたい事は後回しにして、周りの人の言うことを無理して聞いて、こんだけやったのに全然分かってくれないと期待は裏切られて、自分を犠牲にしたことを後悔し、それでももっと認めてもらいたくてもっと犠牲にしてきた。
なんのために? 会社のためにやってるつもりだった。でも本当は嫌われないため。がんばらなくちゃ、優等生でいなくちゃ嫌われると思ってた。私はすごいって、えらいって言われたかった。こんなことにも気がつくんだよ。って。
でもとことん犠牲にしたのに誰も褒めてくれないし、認めてくれなかった。もう死ぬしかない。誰も私なんて必要としてないんだって思った。
もう頑張ることも限界だった。
気がつかなくてごめん。私も私に言ってあげてなかったな。
鬱のはじまり。
鬱になって一番辛かったのは、ひたすら寝ていた時期よりも、そのあとに来る回復期。体が動くのに気持ちが着いていかなくて、ひたすら不安でソワソワしていた。体が動くからいつ自分が死のうとするか自分でもわからなかった。
死にたくないような、でも生きる希望もなかった。死んだらお母さん悲しむかなってくらいの気持ちしかなくて、生きてるのも人のため?そんな人生つまんないし、いっそのことすてちゃえば。そんな気持ち。
ガードレールのない山路を慣れない車が走ってるみたいだった。

私を救ってくれたもの

どうしても何があっても捨てられない、離れられない、もしこれがなくなったら私は生きてる意味がないって思ってるもの。
みんなは不思議っていう。なんでそんなに大事なの?って。
 それはさ、わたしが命を救われたからなんだ。本当の生きがいを見つけられたんだ。

死んだと思ってやってみよう

鬱になる前から申し込んでいた、ステージで踊るということ。今さらキャンセルは出来ない。
自分のための食欲も性欲すらもなかったのに、踊りだけは何故か出来てしまった。初めてのソロだった。ステージで踊った時、みんなの笑顔が見えてすっごく幸せそうに笑ってくれてた。
こんなに人を喜ばせた事なんてない。
こんなに同時にたくさんの人を笑顔に出来るなんて、こんなの初めて。
ダンスで初めて自分の求めていた事ができた気がした。
もっと人を幸せに、喜ばせたかったんだ。

地獄だった鬱の日々。自分を責めて泣き続けた日々。硬い殻に閉じ込めてた自分を救うため、必死に自分と向き合い、ダンスを知る日々、いつの間にか生きる目的を見つけていた。
一度は捨てようと思った命。良く考えたら私は何も持っていないことで自由を手に入れていた。だったらもうなんでもやりたいことしちゃえばいい。勝手に周りに言わせとけば、嫌われたっていい。そう思った。

エジプト行こう

その自由で、エジプトに行ってみたのだった。
日本ではまず誰かのために
が当たり前だったのに、この国の人達はまず自分だった。腹がたてば路上でケンカ。周りを巻き込んでもお構いなしで、すぐに仲直りもする。
聞きたいことは口からすぐ出るし、がめついくらい欲に正直。
こんな風になれたら私も楽なのになー
そう思っていた。
強烈なカルチャーショックから、その魅力の虜になってさらに通う生活を始めた。
もう仕事も友達付き合いも二の次で、とにかくダンスのため、エジプトに行くために生きていた。

ふただひ、外の世界へ。

ただ自分のために生きている私に、色んな人がが寄ってきた。
職場の人が遊びに行こうっていってきたり、ナンパとかもよくされた。
ダンスだけしてればいいと思ってたから、全部断ってきた。
そんな事を続けていくうちに、だんだん断ることが辛くなってきた。
人の好意をあえて受け取らないなんて、また自分で自分を閉じ込めてた。
ダンスで忙しいから。
ただの言い訳だったことに気がついた。

本当はまだ自分を出すのが怖かった。
自分を自分で素敵だと思えてないから、私の言うことなんて聞いてもらえないって思ってるから。
人と一緒にいて自分を抑えることに疲れたら人と会わない。
でも寂しいのに人と会わない事も無理があった。

飛び込んでみた

もう逃げないで向き合ってみようと思った。
なんで遊ばないの?
なんで誘わないの?
自信ないの?
なんで言わないの?
出来るでしょ?
何も返事出来なかった。

本当はプライドのため。傷つかないため。
でも、みんなが私の殻を破ろうとしてくる。
いい子で物分りのいいフリしてたこと、ダンサーだし、私カワイイし満たされてるってフリしてたこと、みんなバレてる。
それでも変える気はなかった。
そしたら、好きな人が他の子を選んで捨てられた。
仕事で失敗した。
情けないところばかりが出てきた。
同僚と喧嘩した。
大人気ないことも、たくさん言った。
悔しくて、悲しくて、仕事ほっぽり投げて泣いちゃった。
さらに、情けない自分を見せちゃった。
プライドが崩れていった。なんとかこんな自分だったら好きになれると思ってた自分がいなくなっちゃった。
残された自分は何したらいいの?
私居ていいの?
いいです。愚痴ってどんどん頼れば。
みんな気にしてもらえないところで生きていけるほど図太くない。
なんでも言ってください。
大人になって、先生以外の人の前で泣いたのってこれが初めてだったのかな。
受け止めてくれる人が居たこと。
きっと今まで受け止めようとしてくれた人はいっぱいいたのかもしれないけど、どうせわかってくれないって思った。
それぞれに事情があって、私と同じようにしっかりしなくちゃって思ってたら、私を受け止めることなんて出来ないと思う。
私が武装しないように、怖がらないように、距離をとって責めたりしないでただ話聞いてくれたあの人は、きっと同じ経験を乗り越えた人なのかもしれない。
傷付いたネコを、手なずけてるような。

情けない自分でも愛されてる

助けてって言ったらみんなで助けてくれた。
寂しいって言ったら、みんなでかまってくれた。
ちゃんとわたしが嫌だって、寂しいって、嬉しいって、言うことしかない。
みんなそれを待ってた。
私を助けようと、頼られたくて待ってた。
なんだ。めっちゃ愛されてるじゃん。
このまま私は私のままで、逆ギレしたって泣いたって、怒ったっていい。
みんなおっきな愛で、そんな私を包んでくれてる。
情けない自分で生きていこう。




著者の蛭田 早恵さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。