~おばちゃんJKの徒然なる草~1


素晴らしいお話を書かれている方がたくさんいらっしゃる中で、ここに投稿するほどの事ではないのでしょうが、
他のSNSで書くのは重いし。字数制限が厳しいし。徒然なるままに書きます。
コンテクスト最悪です。何が言いたいとかあるのかないのか分からないです!(笑)ご了承を!!!!

まず、ご閲覧ありがとうございます。
大阪のある公立高校に通う、高校三年生でございます。
”おばちゃん”とは 私のあだ名です。ニックネームです。愛称です。(笑)

仲良くしてくれる後輩たちにも、
○○さんって、お母さんみたいですよね~!と。。。


あ、書きますね。(笑)


*****
高校三年、4月


決めました。

\私は、管理栄養士を目指す/

まず、そう決めたのは春休みが明けた頃

いつもと変わらず、周りに比べて遊んでばっかりの毎日。スケジュール帳が、予定で埋め尽くされてゆく。(笑)


--とりあえず

この時は、生きて行くのに不自由しないくらいの収入のある旦那さんを見つけて、なるべく若いうちに”お母さん”になりたい。
でも就職しないことにはどうしようもないし、万が一出産後に母子家庭になったら
...とか考えて、出産後も比較的働く場が見つかりやすそうな、資格の取れる学科へ進もう。
▼管理栄養士学科

ってなったわけやけど..(笑)

今となっては挑戦することが怖かったんやろうな

と、思う。

”主婦”の人たちはキラキラしてるし単に働くのとはまた違う大変さがある.
その気持ちは今でも変わらんけど

体育祭で、ずっとしたかった副団長(団長がよかったけどじゃんけんで負けちゃった!(笑))を務めて、
帰宅部やから普段しやんのに、幹部で朝練したりして
でも授業に響かせたくないから、授業中は寝やん。雨で延期になったこともあって、数週間はそんな生活になった。

多分、このちょっとしたことがきっかけで、気づけば自分の中の意識が変わってた!

--勉強って

...楽しい!

この高校に入って唯一よかったこと。
質のいい授業が受けられること。
(先生方、今までごめんなさい)

今の席、教卓から近いんやけど、先生たちの授業までの努力が”嫌なほど”見える。
この席でよかった(笑)
それに、誰1人、
授業(=仕事)が嫌やと思ってない。
この人たちにとって授業は、趣味の延長線なんちゃうか?とまで思えてくる。
空行のところに、隙間がない位書き込んだ、教科書。
何回も書いて間違えて、修正テープで消された跡。(視力がマサイ族[と言われています]なので見えます)
先生として尊敬
仕事している人として尊敬
もはや人間として尊敬(笑)

何もかも、いいようにしか見えてこない。

授業を受ける50分でこんなにも得るものがあったのか!!!!と。

その日から私は、寝る前の日課として
その日にあった幸せな出来事を書き記しています。1、2行ほど。
テンション下がることばっかり起きた日やったし、別にないねんけど、、、
と思った日も、多少無理してニュアンスを変えて書く。むしろその落ち込んだ事を幸せな出来事であったかのように書く。
それをふとした時に読み返して思った。

私はーーー

-------2に続きます(´・ω・`)わーお


(▽春休みの思い出)





著者のTakeuchi Manaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。