女神は言う

いたずらに開いたその口は
もう止まらない
止められない
その口から発する言葉は
私の心を容赦無く
突き刺す 撃ち抜く 奪い取る
「あぁ、なんて可憐な」
皆は言う
催眠術のように
貴女の思いのままに
私は生きる___...
その姿はまるで女神
少し角度を変えれば女狐
白く、細く、美しい貴女のその腕は
私を虜にし
紅く、憎く、狂わしい貴女のその唇は
私をつら抜き 砕く
女狐は言った
「貴女の存在価値はない」
しかし女神は言う
「貴女に偉大な期待をしている」と___...




サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のKoyanagi Emiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。