「青い星には」プロローグ



____ズザザ...と、無刻みな音がする。
_________暗い。
目を開けることがなくても分かるこの感覚。
何なのだろうか。
いや違う。目を開けることが≪こわい≫のだ。

はっきりと言っておこう。
この物語を、読むべきではない。
その手に触れている、次のページは、できればそのまま動かさずに本を閉じてほしい。

それが、私の結論だ。

気持ちが悪い。無意味だ。汚い。
なんで私は、≪この世≫に生まれたのだろうか。_______

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のKoyanagi Emiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。