大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話

1 / 3 ページ

後編: 第2話『はじめに うつ病と離婚の苦しみ』 大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話

・うつ病の発症

 僕は、社会人まで順風満帆だった。いじめや受験失敗などはあったけど、最終的には、第一志望の会社に入社できた。社会人になる頃には、意気揚々と胸を張って肩で風を切っていた。


 しかし、社会人になってから状況は一変した。最初は仕事も人間関係も特に問題はなく、みなと同じように、ある程度満足に社会人生活を送りながら、日々を楽しみながら暮らしていた。



 ところが、だんだん仕事の量が増え、納期を迫られ、仕事が息苦しくなってきた。製品の出荷サイクルに追われ、設計が完了しても、納品先から「ありがとう」の一言もない。

納品先
ありがとう


それどころか、やって当たり前で、品質が悪いときや、納期が遅れたときなどは、たいてい叱られた。


納品先
なんだこの仕事は!



世のため、人のためと思ってやっていた仕事にだんだん価値を見い出せなくなってくる。人間関係も、仕事が絡むとギクシャクし、先輩からは厳しい目線で見られることが多かった。仲のいい人間関係も上っ面だけ。本当に仕事仲間と呼べる人はいなかった。





 同期にはどんどん先を越され、後輩からはどんどん抜かれていく。こと仕事に関してはうだつのあがらない、落ちこぼれ社会人。人間関係もうまく回せない、トホホなピエロ。人に教えるよりも自分のことで手一杯で、毎日22時まで残業することはザラだった。会社の方針で22時以降は基本的に残業ができないので、22時で帰らされる。それでいいじゃないかと思うかもしれないが、納期が迫った出荷前は、必ず期限通りに製品を収めなければならなかった。それが残業で対応できないとなると、なんとか限られた時間内でこなさなければならなくなる。それは残業をするよりストレスだった。







 そうして会社に入ってからどんどんストレスを溜め、ついにはうつ病を発症してしまった。不安、恐怖、焦り、イライラ、全ての感情が一気に暴走を始めた。そうなったら、仕事なんかできるわけがない。このときは、東日本大震災でパニックに陥っているときで、ボランティアでもすべきはずなのに、僕はそれどころではなく、ただ流されていくだけの家や車、船などをボーッと眺めているしかなかった。


そこから僕は2度休職をし、約2年間会社を休むことになった。休職中もうつ病は安定せず、良くなったり悪くなったり、自分ではどうすることもできなかった。そうしているうちに、妻が子供がほしいというので、性欲のない僕の体を一生懸命鼓舞し、子作りに励んだ。


子供がほしい



 そしたら、2回目の愛情ですぐに子供ができてしまった。うつ病で寝たきりの生活を送っている自分の、情けない姿で、子供は健康に生まれてくるか心配だった。しかし、その心配をよそに、実家で子供を産みたいという妻の希望で、里帰り出産をすることになった。


 僕は僕で、1人でいては生活もままならないということで、実家に帰ることになった。そして、とうとう子供ができてしまった。


みんなの読んで良かった!