始まりの海岸で



駅は海のすぐ傍にあった。





ホームを降りると、すぐに砂浜が広がる。


夏と言っても、まだ海開きまでには日があり、辺りには海の家を建てている工事の人や、麦わら帽子に蛍光色のレインコートをはおった、ゴミを拾っている人が数人しかいなかった。




それは、彼女がイメージした海ではなかった。


水平線がくっきり見えるようなイメージだったのだが、そこは海水浴場らしく、幾重にも防波堤が伸びていた。競争の目印のように、間隔を置いて、海辺を区切っている。




海をひとしきり見つめた彼女は少し首をかしげ、それから海岸沿いに西へ歩き始めた。僕もその少し後をついて行った。



砂がまぶされたような小さな駐車場を抜け、廃工場の寂れた扉を抜けた。立ち入り禁止と看板があったが、それはほとんど寂びており、道には他にもたくさんここを通り抜けた形跡があった。少し不安だったが、彼女は平然と歩いていくので、後に習った。




少し歩いて、砂浜に出た。


沖から防波堤が一本まっすぐ海に伸びていたが、前に比べると水平線ははっきりと見えた。彼女は防波堤の近くに海に向かって腰を下ろし、僕もその傍に座った。


空はうっすら曇り空で、夏にしては過ごしやすく、砂もひんやりとしていた。




「こんなに遠くに来たのは初めてかもしれないな」


彼女は話す。


「わたし、親から遠くに行かないようにいつも言われてたの。だから、一人でこんなに旅行したの初めて」


そういって、すぐに彼女は笑った。


「あなたがいたわね」


「一人みたいなものだよ」


僕は笑った。僕にとってはこの場所はまだ不慣れだったし、まだ詳しい彼女にほとんど道案内してもらったようなものだった。




「でも、たった一時間電車に乗っただけで、旅行って言うのもおかしいかな。わたしにとっては、旅行みたいなものなんだけど」


「いいんじゃない。時間は関係ないんじゃないかな」


穏やかな海は空の色と同じで少し寂しげだった。


「少し前はこんなところにきて、どうなるのかなって気持ちだったけど、自分のやりたいことが一つ叶えることが出来て、良かったかな?」


「そうだね、良かったんじゃない」




「…ねえ、不安なの。手を握ってもらっていい?」


僕は少し疑問を感じたけど、彼女の手をとった。彼女の手はとても冷たかった。


「これからどこに行こうとしてるのかな?親からも離れて、自分で決めてここにいるけれど、それで良かったのかな。本当はどこにも行きたくないような気もする。時々、海の奥にのまれちゃうような気分になるの」


僕は何も応えようがなくて、ただ手を強く握っていた。


二人でいるのに、何だか一人みたいだった。





やがて、小雨が降ってきた。僕は彼女を見た。


彼女は泣いていた。


僕が顔を覗くと、彼女は握ってない方の手で僕の肩をゆっくり押さえ、ハンカチを目にあてた。


「大丈夫。すぐに終わるから、もう少し手を握っていて」


そうして、僕らは海を観ながらずっと座っていた。


何も言わずに、時が止まったような風景だった。




やがて、雨が消えて、太陽が顔を覗かせ、砂が熱を帯び始めた。


「行きましょう」


そう彼女は言って、また来た道を二人は戻った。


彼女が前を。僕はその後を歩いた。




僕はその時何となくここに来るべくして来たような気持ちだった。


それは彼女も同じだったと思う。


それから彼女と僕の、そして僕の旅が始まったように、今は思う。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。