【プロローグ】僕が大人になるまで

今の仕事に転職するまで、僕はうまい飲食店を経営することが夢だった。

料理人になる為に専門学校にも通った。


僕が行ってた専門学校は静岡県の浜松にある。

うなぎで有名なところ。

僕は東京生まれ東京育ちの生粋の江戸っ子。

料理の専門学校も東京の方がたくさんある。


なぜ僕が東京から静岡に行ったのか?


表面的なことを言えば

その学校は料理長まで上り詰めた人が担任として学校に常駐しているコト。

生徒で運営するレストランで体験が出来るコト。

それが魅力だった。

親でさえもその理由で「お前がそこまで本気なら」と都落ちを許してくれた。


でも実際は。


・サッカー大国静岡のレベルを見てみたかった!

と言うのも1割くらいある。


現に、サッカー素人のレベルは東京より高いな。と思った。


しかし、残り9割の理由は、まだほぼ誰にも言ったことない。


・某雑誌プレイOーイ ある企画でナンパしてすぐヤれる都市 ランキングNo.1  静岡県浜松市!

これが全てのキッカケだった。


高校時代の青春はサッカーに費やしてばかりで

女の子と遊んでいなかった僕には刺激的すぎた!


「そうだ!浜松に行こう!」


こうして浜松行きが決まり、親を説得し

ナンパの街 浜松での一人暮らしと言うプレミアムチケットを手に入れた。


「俺は浜松で一流の料理人の卵になってみせるよ!」

そう親に言い放ち、浜松へ向かうのであった。


ナンパの街 浜松。東京ブランドを駆使して

初陣を飾るのはそんな遠くないことだった。。。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。