ぷちブラックバイト列伝2「華やかに見える舞台裏は戦場よりも苛烈」

1 / 2 ページ

 美しく飾られた裏側はバイトの涙で出来ていた。




ケース2地獄のブライダル



笑い声がこだまする。

ここは某ホテルのブライダル会場。

美しい花嫁と華やかな会場

ジェルで髪が落ちないように

ガッチガチに固めこんだオールバック

Yシャツに支給のジャケット、黒いスラックスを着込んだ

俺に笑顔はない。

華やかな音楽

シャンパンを開ける小気味よい音

人々の笑顔の到来をつけるそれは

俺にとっては戦いを告げるゴングの金と同義だ


スタッフルームに入る。

ここは戦場だ。



社員
オードブル!!!あがったぞ!!!!
Je vous en prie (喜んで!!)
社員
スープ!!さめないうちに行け!!!
Je vous en prie(お受けいたします!!!)
社員
ポアソン(魚料理)!!行け!!!
Je vous en prie(わかりました!!!)


目上から下へはJe vous en prie(ジュ ヴ ゾン プリ)

これが一番丁寧な返事のようだ。

俺が働いていたレストランフロアでは

イタリアンとフランスではシェフが違うため

俺は、si va bene(シー ヴァ ベーネ)喜んでお受けします。

を使い分ける必要があった。

返事ひとつ間違えただけで叱られる

怒号が飛び交うキッチン


「バンビーノ」のはずなのに

「プライベートライアン」も真っ青だ

「アパーム!弾!弾持ってこいアパーム!」

これでふきかえても十分通用する





これじゃなく


これだこれが正しい



皿は最低4枚持ち

利き手である右から入れるように左手で皿を持つ


俺はレフティ(左利き)だ

ものすごくやりずらい

しかも右腕には指の股に

ざっくり切り込んだ切り傷で作った古傷があった

(裂けた古傷が痛い…)

本日のヴィアント(肉料理)鴨肉は血のソース

だけど俺の血が混じって雑味が入れば

酒が入った馬鹿舌でもわかるわな…

俺は気合を入れなおす。



こんなある日のこと

本日も

最初のうちはよかった

こんな感じで矢継ぎ早で料理をお出しする。

まぁそこまではいい。

ポアソン

このあたりから問題が出てくる

テーブルに載らないのだ

原因は明白

俺の担当テーブルはもぬけの殻

酒を飲んで馬鹿騒ぎをしたい人には

フランス料理の良さも

俺の苦労も関係ないらしい

社員
おい、どうした料理はけねぇぞ
いや、皆さんお酒もって他のテーブルいってます。誰も料理に手をつけてません。
社員
とにかくヴィアント(肉料理)、ソルベ(氷菓)まで出せ。
Je vous en prie(わかりました!!!)
社員
フロマージュ(チーズ)出すまで絶対皿はさげんな!!!

ヴィアントやソルベを出すのはいい

賛成だ

だが最後の一文が俺を絶望させる


皿を下げるな。…だと



おいおい…

乗るスペースどこにもねぇよ。

オイどうすんだこれ

同僚もあせり始め俺に聞く


頼むから俺にきくな…そんなウルトラC俺が聞きたい



 



しかたがないので

乗らないところに無理矢理のせる

どんどん冷えるヴィアントに

溶けて形すらなくなるソルベ

…料理が粗末に扱われる姿を見るのはあまりに忍びない。

結局

手がつけられることなく

この料理を下げる

フロマージュ(チーズ)

デセール(デザート)も食べられることなかった。


終わった後はお見送りをし忘れ物チェック

終わった?

まだここからだ


ここからはこの会場を30分でチェンジする。

大先生の講演会の立食ビュッフェにするらしい。

間仕切りぶち抜き

丸テーブルを角テーブルに

ステージを出して

著者のYamauchi Nobutakaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。