陸の孤島の小さなクレープ屋さんの物語

6 / 7 ページ

前話: 終わりなき旅~ミスチルから何度も元気をもらった~

■運をひきよせる


人生の目的を実現させるためには3つの要素が必要だと思う。


一つ目が「知識」、二つ目が「人との関わり」、三つ目が「運」である。


運は必ずひきよせる事ができる。


そのためには、


●目的を持ち、絶対にできると信じてあきらめないこと。

●自分の事も周りの人の事も大切にすること。

●向上心があり、前向きに生きている人と付き合うこと。

●自分のビジョンを共有できる仲間が集まるコミュニティに参加する。

●ただ頑張るのではなく、「正しいやり方」で頑張ること。(これには知識が必要)

etc


運をひきよせる事ができれば、「人生のリズム」ができるのだ。



■ビジネスの勝者ではなく、人生の勝者になる


ビジネスは人生を豊かにする手段にすぎない。


その手段のために人生を振り回される必要なんて全くないのだ。


大切な事はあなたが自分の人生をどうしたいのか?


それが決まれば、後はその実現のために「正しい知識」を学び、「行動」するだけなのである。


■自分のやりたい事にフィットした学びをする


世の中には成功したいと努力しながらも、「成功する人」と「成功できない人」がいる。


なぜなのか?


① やりたい事が明確になっていない。

② 学ぶ内容が間違っている(フィットしていない)

③ 学んでも行動していない

④ 行動してもやり遂げていない


やりたい事が明確になっていても、その実現のために学ぶ内容がフィットしていなければ何の意味もない。


以前の僕は例えるなら「東大に入りたい!」と言いながら、試験問題には出題されない科目をがむしゃらに手当たりしだいに勉強していたのと同じなのだ。


大学入学にも「出題科目」がある様に、経営にも各々の会社のVISIONにフィットした「科目」がある。


僕の場合はその科目が「井崎先生から学んだ経営の原理原則」だったのだ。


■決断力


何かにチャレンジする時には誰しもが「決断」をしなければならない


決断に必要なのは「精神力」や「勇気」ではない。


決断力とは「知識の種類と量」のことなのだ。


例えば、バンジージャンプをする時には、腰につけたワイヤーとロープがあるから、ここから跳んだとしても死ぬことはないという「知識」が決断させるのだ。


もし、その知識がなければ怖くて飛べないはずだ、死ぬかもしれないと思いながら飛ぶ奴は勇気があるのではなくて、ただのバカだ。


わかりやすくもう一つ例をあげると、外科医は手術をする時に「勇気」で腹を切るのではない。ここにメスを入れても大丈夫という「知識」があるから手術ができるのだ。


もしこれが知識のない素人だったら死亡である。勇気で腹を切られたらたまったもんじゃない。


経営も同じなのだ。


例えば、どこかに飲食店を出店する時に「精神力」と「勇気」だけで出店するような博打を打つだろうか?


もしそんな経営者がいたら経営者失格である。


成功している経営者が決断できるのは、この立地に出店すれば収益を出すことができるという「知識の種類と量」を持っているからに他ならない。



●よくある間違い


経営者に多いのが、「知識がないのは自分の頭が悪いからだ」と思っている事だ。


それは全く違う。


頭の良さは持って生まれたものなので、もうどうにもならない。


でも知識は学んで覚えればいいだけで、極端に言えば「英語の単語帳」を覚えるのと同じである。


もし頭のいい人間にしか経営ができないのならば、僕は絶対に経営者にはなれない。



■何かを始める時に大切な事


もし仕事でもプライベートでも何でも良いのですが、「何かを始めたいと思った時に大切な事」が3つあると僕は思います。


●一つ目が「何をしたいのか?やりたい事を明確にすること。」


当然ですが、やりたい事が明確でないと、手順が組めないし、実現のためには何が必要なのか?、不足している知識が何なのかすらわかりません。


例えば、「東京に行く!」と明確になるから、自宅から駅までタクシーで行く、それにはお金が○○円かかる、そして駅から宮崎空港駅まで特急電車で行く、それには○○円かかる、そして飛行機で東京まで行く、それには○○円かかる。と明確になり行動できるのだ。


経営で言えば、こんな業態の美容室を宮崎県北地域に10店舗出店する!5年以内に!と明確になるから、そのための資本政策や、人材育成の計画や、立地の選定や、オペレーションの構築などが決定できるのである。


●二つ目は「環境を変えること。」


ここで多くの人が陥る間違いは、環境を変えずに「心構えや考え方を変える」という事だ。


当然ながらそんなもの変えたところで、ほとんどの人は実行できない。


例えば、「明日からダイエットする!」と心構えを変えて、実行して成功している人がどれだけいるだろうか?ほとんどいないはずである。僕もその一人だ。


「明日から遅刻しないように早く起きる!!」と心構えだけ変えても、また遅刻してしまうように、心構えや考え方を変えても解決にはならないのだ。


ダイエットするなら、絶対に誘惑に負けない、誘惑を寄せ付けない、誘惑に負けそうになっても食べれない環境に身を置くしかないのだ。(余程意思の強い人は別だが、、、)


遅刻するなら早く寝るようにするとか、目覚まし時計を倍に増やすとか、環境を変えるしかない。


起業をしたければ、起業しやすい環境に身を置く事が重要である。


今は昔と違って、コワーキングスペースやレンタルオフィスやインキュベーション施設等起業しやすい環境がどんどん整備されている。そういう環境に身を置くのが最も効果的だと思う。



著者の山本 顕太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。