28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第五話)

1 / 3 ページ

前編: 28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第四話)
後編: 28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(最終話)

ついに授業スタート!


いよいよ初日を迎えた。

朝10時からオリエンテーション。


そこで手渡された学校規則は日本語で書かれていたので安心したが、

なんと説明は英語。。(おいおい、英語出来ないから留学来たのに。。涙)

重要なルール説明をしていると思われるが、なんとなくしか理解出来ない。

周りを見てみると、既に絶望に満ちた顔をした日本人がチラホラ。

ちょっと安心する。


後々分かったことだが、私の通った学校は韓国資本の学校だったため、

日本語を喋れるスタッフがおらず、韓国人には韓国語で説明し、

日本人には英語で説明となっていたようである。(学校選びの際はご注意を!)


結局オリエンテーション終了後に、日本人同士で

「これってどういう事?」と確認し合うしかなく、まぁそれはそれで

サバイバル感があって結果オーライだったが。




70分授業が一日5コマ。合計350分の授業。(記憶が正しければ...)

うち3コマがマンツーマン授業で、2コマがグループ授業。


初日は現在のレベルを確認するためのテストが行われるのだが、

TOEICの短縮版のようなテストで、ほとんどチンプンカンプン。

最後に強面のフィリピン人マネがスピーキング力を見るのだが、

そこでのお題は「あなたが好きな映画を3分間で説明してください」

だったと記憶。


タイタニック。

と大昔に見た映画を答えてしまい何ひとつ説明出来ずに

辛酸を舐めたことはすごく記憶に残っている。笑

(結果、晴れて一番下のクラスになったのは言うまでもない)


その日は昼過ぎ頃で予定は終わり、翌日からいよいよ授業スタートということで、

同時期に入学した学友(バッチメイトと呼ばれる)と親交を深めた。


そしてついに授業がスタート。


みんなの読んで良かった!