なにも考えていないのに引っ越しを繰り返している話

私は音楽大学に進学するため、地元の静岡を18歳で出ました。

埼玉の寮へ引っ越し

音楽大学は2年間で埼玉の山奥だったため、その山の上にある寮に住むことになりました。
そこで約2年間必死で音楽を勉強していたのを覚えています。
しかしどうしても一人暮らしを経験したかったため、春休みの間だけ山のふもとで一人暮らしを始めたのです。

埼玉で一人暮らし

はじめての一人暮らしは分からないことばかりで、パスタを焦がしたりしていましたが楽しかったです。
大学3年になり、校舎が移動のため東京都練馬区の寮に引っ越します。

練馬区の寮へ引っ越し

そこは埼玉の寮とは違い、刑務所のようでした。笑

練馬区で一人暮らし

そのため3ヶ月で寮をでて、寮の目の前のアパートで一人暮らしをはじめました。
そこのアパートは卒業しても住んでいたのでかなり長くいたと思います。

少しだけ大阪へ

新卒で入った会社が震災の影響で大阪へ飛ぶように命令があったため大阪のレオパレスに住んだこともありました。
しかしその会社は倒産し、次に入った会社では北海道に飛ばされることに。
ちょうどそのタイミングで練馬区のアパートは道路拡張のため取り壊しになるというお知らせが来ました。

北海道へ引っ越し

北海道のかなり北の地に数ヶ月住みました。
本当は2年間住む予定でしたがいきなりのリストラ。
原因は私が悪口を言いふらしていると社長の耳に入ったからです。
しかし私は町の悪口も会社の悪口もまったく言っていません。
そんな理不尽な理由で!と反論も出来たかと思いますが、
大好きな社長が一年以上の付き合いがある私より、私が悪口を言いふらしていると告げた数ヶ月のバイトちゃんを信じたことによる失望感でそのままリストラを受けました。

世田谷区は引っ越し

北海道で住所不定無職になってしまったため、とりあえず世田谷区のウィークリーで家探しを開始しました。

渋谷区のシェアハウスへ引っ越し

家具も家電も北海道に置いて来てしまったため、シェアハウスに住むことになりました。
半年以上住んで、とても居心地は良かったです。
しかし大洪水があり私の部屋と隣の部屋だけ水浸しになってしまいました。

港区のシェアハウスへ引っ越し

ホテル暮らしをしたのち、現在は港区のシェアハウスに。
楽しく暮らしています。

まとめ

なにも考えていなかったのですが、振り返ると引っ越しばかりしていたので書いてみました。
仕事も倒産やリストラを経験しましたが、特に落ち込むこともありませんでした。
倒産した会社の上司もリストラされた会社の上司も尊敬できてすごく好きです。
今働いている事務所の社長も本当に出会えて良かったと思えます。
会社を辞めたい辞めたい言っている友人を見ると鬱病になる前に辞めた方が良いとアドバイスします。
続けることは素晴らしいと思いますが、私の人生は適当でも常に良くなっていて、どんな状況でも凄く幸せです。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の山口 睦美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。