休学の負の部分を知った話の復学後の話

1 / 2 ページ

前編: 休学の負の部分を知った話の休学した後の話

復学して半年

復学して半年,というより前期が終了した.

結論からいえばなんとか乗り切った.

そして毎日が楽しくもあった.

すばらしい半年で,心から復学してよかったと思った.


復学前の1週間下痢が続くほど緊張していた.

休学中は実家にいたので,新幹線で東京に向かう.

道中いろんなことを考えた.

「また行けなかったらどうしよう」

「あんな寂しい生活が続くのだろうか」

そんなことを考えながら東京に到着.

今回下宿先に選んだのはシェアハウス.

コミュ力に自信のない僕にとっては,かなりの冒険だ.

しかしシェアハウスを選んだのには理由がある.

それは,「また行けないかもしれない」という恐怖からだった.

シェアハウスは家具付きで,1ヶ月前にいえばいつでも退出できるという僕にとって都合のよいものだった.

余談ですが僕の住んでるシェアハウスは大して賃料も安くないところです.

どこもそんなものなんですかね?


緊張の面持ちで入居し,特になにもせず一日が終わった.

夜はとても寂しい気持ちでいっぱいになった.

実家が恋しくてGoogleストリートビューで実家周辺を散歩するという画期的な寂しさ対策を実行することでなんとか乗り切った.

次の日僕は大学に行った.

助言教員(指導教員ではない)と話をし,これから先のことを決めた.

それから指導教員の先生と話をし,これから先のこと,研究についてなどを相談した.

まぁ初日ということでそのまま帰った.

このときすでに寂しさは消えていた.不思議と心は落ち着いていた.


次の日から僕は学校に通い始めた.

外国人にすっかりなれている自分にかなり驚いた.

休学中に行った英会話学校の成果がここに出ていた.

それから研究室のメンバーと話すのも楽しくなっていた.

休学中に一人で勉強していたのだが,今や人と相談しながら勉強ができるということを心からうれしく思った.

そこから春休みが終わるまで朝から夜まで研究室に行くという生活が続いた.


学校が始まると,僕はいろんなことに奔走した.

まずは授業.休学前は不登校だったので,1単位もとっていなかった.

とにかく僕の目標は「学校に行くこと」だった.

そのためにできることをできるだけしようと思った.

それが以下だ.

・カウンセリングに通う

・引き続き病院に通い,薬をきちんと飲む

みんなの読んで良かった!