到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?

1 / 3 ページ

たまたま行った場所で、ある体験がきっかけで

それが記憶に残っている事ってありますか?


今回の99円Tシャツプロジェクトが生まれたのも、

記憶に残って離れない体験をしたことがきっかけでした。


日本からフィリピンへ。


今年の初めに99円プロジェクトのメンバーでフィリピンへ研修に行くことになりました。

日本からフィリピンへはたくさんの航空便が飛んでいるのですが、

最近では、セブパシフィックなどのLCCがキャンペーンなどで、

大阪からマニラまで100円という価格でプロモーションをしています。

実際の価格は、100円に燃油サーチャージなどが掛かり、

合計で1万円ぐらいになるのですが、

それでも、国境を超えて海外に行くのに片道1万円以内で行けるとは…

本当に価格ってなんだろう…って思わされます。


今回はこのLCCに乗ってフィリピンに到着したのですが、

到着してからすぐに衝撃を受けました。

フィリピンに行く前は、フィリピンって田舎町のようなところで、全然発展していないんだろうなぁ…と思っていたのが…空港から街中へ移動するに連れて、だんだんと高層ビルが見えてきました。

フィリピンの中でも一番の都会と言われているマカティーという場所に着くと、「あれ…ここってどこだっけ…。。」というぐらい大きな高層ビルが立ち並び、スターバックスやショッピングモール、そしてオシャレなレストラン等がありました。


普通に過ごしやすく、それでいて物価が安い。

多くの日本人がフィリピンに行く理由が分かったような気がしました。

フィリピンの表と裏の顔


その後も数日掛けて様々な場所を見て回ったのですが、

どうせなら…とショッピングセンター等がない裏路地なども歩いてみました。

しかし、ひとつ裏の路地に行くと、全く別の光景が広がっていました。



家はすべてトタン屋根で作られた手作りの家が立ち並び、



靴も履いておらず、ほぼ裸状態の子供がたくさんいました。


近くには大きなゴミ捨て場などがあり、使える物を拾って再利用したり、

そのゴミの中で遊んでいる子供もいました。


その子供たちは、私たちを見つけると

みんなの読んで良かった!