ウェブマーケティングで失敗したくないなら・・・これだけは知っていて欲しい、最も重要な指標




ウェブマーケティングにはたくさんの指標が存在しますね。


PV数、UU数、滞在時間、直帰率、クリック数、インプレッション数、

クリック率、CV率、継続率、LTV、KPI・・・etc




さて、そんなたくさんの指標の中で一番大切な

指標って何でしょうか?




それは、、、




利益です。




なんだかんだ言っても、利益です。






クライアントサイドの方へ、

よくわからない横文字を駆使する代理店に注意して下さい。




「先月よりもインプレッションが向上して、クリック数

 クリック率共に向上しました。

 伴ってCVRも上昇傾向にあるので来月以降は

 コストのレバレッジかけても問題無いと思います!」




って言われても、一言こう返して下さい。




「で、利益出てるの?」






ウェブマーケティング含めて

マーケティングは売り手(商品)と顧客を繋げるための手段。


つまり、人を動かすための手段。


イコール、利益を出すための手段。




利益が出ていないマーケティングは失敗です。




いくらインプレッションが跳ねようと、CTRが3倍になろうと

CVRが10倍になろうと、利益が上がっていなければ

ただの失敗なんです。






僕の個人的な意見ですが、

マーケティングは自社でやるべきです。


リサーチも戦略もプロモーションも分析も全て。




なぜなら、


最終目的である「利益」にいちばんフォーカスしているのは

広告主であるあなただから。




利益上げることよりも、よりコストを使おうとする

代理店にマーケティングを任せるべきではない。




だから、マーケティングは自社でやるべきです。






しかし、自社でマーケティングは無理・・・


という状況であれば、利益を(損失も)シェアする形式の

ジョイントベンチャー(JV)がオススメです。




うちはJVでしかマーケティングしていません。




JVのほうがWin-Winを形成しやすいので。








では、また。











著者のモテル マーケティングさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。