第4回 富士山より高い場所にある、中国のラルンガルゴンパに行ってみた。

前話: 第3回 富士山より高い場所にある、中国のラルンガルゴンパに行ってみた。

ラルンガルンゴンパは、

自分が思うに中国で最も精神的に遠く、物理的にも交通手段を考えれば遠い場所。

ここに行ければ、中国のどこにでも行けるのではないかとも思った。

“中国は”と一括りにしがちだが、

実は非常に多様性のある中国を、ラルンガルンゴンパに行くことで、

頭ではなく自分自身の身体で体感できるのではないかとも思った。

そして何よりも興味喚起された。

ただ調べれば調べるほど本当に恐かった。

チベット語はわからなくても中国語で何とかなるだろうと思った。

しかしながら中国のサイトも含めて冬場の情報がまったくない。

そもそも中国人でさえ知らない人が多い場所。

バスで悪路15時間、高山病、氷点下の気温、観光地ではない。。。

情報を集める為に、実際にラルンガルゴンパに訪問した人のブログなどを調べた。

結果的に情報収集時点で、ラルンガルゴンパの写真もたくさん見た。

そんなことをしていると、もう現地に行かなくていいんじゃねえかと思い始めたり。。。

恐くて自分自身に言い訳し始める、

こんなに写真見て、現地で感動するのかよと。


そしてバスターミナルでチケットを購入。


ついに購入してしまった。自分は行くんだ、ラルンガルゴンパに。


僕はそう思った。


出発日の早朝5時。


起きれなかった。


確かに東京、上海での滞在で疲れていた。


とは言え、結果僕は逃げたのだ。。


もうすでにバスは出発した時間だった。。。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の亀貝 康明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。