不甲斐無さ


君 愛し

渡すはずの指輪

納まる愛が無く

いつかのポケットに しまったままに


どうして

やり直せないのかな

時の流れと運命は


君と出会い

幾度の季節を越えた

いつも君は僕の

優しい心を気づかせてくれたのに


結婚しよう

もし明日 君が隣にいたならば

迷わない

僕は 君を愛し続けるだろう


どうして

僕は君を想うのか

今日も独り

しきりに君の名を呼んだけれど

明日も君はいないだろう


不甲斐無い僕は

引き留める 術もなく

最後の背中を見送った

別れの言葉は忘れたよ


君 愛し

伝えるべき言葉

納まる所 無く

空の胸にしまったままに



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。