今は「今」通りすぎている〜時間という価値を考察〜



やるか?やらないか?


行くか?行かないか?


動くか?動かないか?




生きていれば、加えてなんらかの経済活動を

していれば、こんな選択の局面がよくあります。


会社の代表のような立場の人は、

一般の人に比べて、その頻度はかなり多いでしょう。




そんな選択の局面で僕が重要視するのは「時間」です。




どういうことかというと、


実行するか、しないかという局面に立ったとき、

どれくらいの時間を投資する必要があるかを考えます。


その投資に対するリターンの期待値が高ければ実行します。




飲み会に誘われたけど、暇だから行こうかな、的な

アクションはあまりしません。




逆に、


事前にこの予定が入っていたけど、こっちのほうが

価値があるから予定をキャンセルしてこっち行こう、

という感じです。




その選択をした場合の時間の投資対効果を考慮するんです。






僕は生まれてからすでに35年生きてきました。


12,775日、30万時間です。


そして、これからどれだけの時間生きていられるかは不明。




結論、時間は大切。






常に問いたい。




「 たとえ、明日人生が終わるとしても、


 今自分がやろうとしていることは、今すべきことか?」






では、また。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。