タバコ屋ビジネスの可能性 ― もし僕がタバコ屋をやったら ―




昔はどこにでもあった街角のタバコ屋。

今はあまり見かけなくなった気がします。


原因は色々とあると思いますが、

・コンビニが増え、いつでも24時間買える。

・自販機で買うにはタスポが必要。だからコンビニで。

・喫煙者自体が減ってきている。


などなど街角のタバコ屋を取り巻く状況は明るくありません。



そんな状況の中で、もし僕がタバコ屋をやるとしたら、という

妄想の話をします。




■立地

飲み屋がひしめく繁華街がベストでしょうか。

飲食店の仕込みが始まる夕方〜朝方までは店を開けておきたいところ。

路面店となるので、人通りは必須です。

競合がどれくらいいるのかのリサーチを怠らないように。


■戦略

まず、弱点から分析すると、

・行かなきゃ買えない。

・コンビニより安いわけじゃない。

 それくらいです。


結論、コンビニよりも行きやすければ勝てるはず。

行きやすさに加え、行きたいと思わせる仕掛けがあれば勝てます。


行きやすさは立地にこだわるとして、、、

行きたいと思わせる仕掛けはコレです。


 ・超カワイイ看板娘or超イケメンの看板男子


これで行く理由が生まれます。

あのタバコ屋に行けば、あの子に会える。という意味付けです。



■売上UP施策

タバコはほとんどが税金。

タバコ1箱あたりの利益なんて知れています。

しかし、商品はタバコだけ。

そんな状況の中、売上を上げるための施策はコレです。


・与えて与えてファンを獲得する

 タバコ業者から貰えるだけのサンプルを貰います。

 ※サンプルはタバコだけじゃなく、缶コーヒー、ガムとかでもOK。

 貰えなければ、売り物からサンプルを作ります。

 常連以外のお客さんには積極的にサンプルを提供、いっしょにお店のPR名刺などを渡します。

 ファンになってもらい、「タバコ買うならココ」という意識付けを行います。


・定期配達で安定的な売上確保

 カートン単位でタバコを配達販売することで定期売上を安定させます。

 契約形態、支払い方法は深く考えていませんが、

 買いに行く面倒さが解決されるので、お客さんのためにもなるかと。

 夜間は店舗で販売、日中に配達販売するイメージです。



あとは、店舗ディスプレイの工夫、複数個購入のための施策、

接客での工夫とか電子マネーの導入とか、いろいろと

試すべき施策はあるとおもいます。



ということで妄想終了。



結論、収益性が悪すぎるのでタバコ屋はやりません。




では、また。


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のモテル マーケティングさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。