勝てる組織はココが違う/すべてのスタッフが持つべき最低限の「意識」とは?

1 / 2 ページ




いつだったか忘れましたが、

どうしても髪を切りたいと思い立ったある日のこと。




いつも行っている美容室がお休みで

行ったことのない美容師に行くことにしました。




某店舗紹介ポータルでそれなりの美容室を探し

予約を入れます。




・・・




初めて行く美容室。


まぁまあ大きな規模です。






・・・何でしょう、


初めて行く美容室のドキドキ感。


何事もうまくいく気がしない、あの感じ。




でも、話が上手なスタッフが対応してくれたので

ほっと一安心です。






カットの間の約1時間、そのスタッフと

いろいろと(探り探り)会話を交わします。






最初は趣味なんかの楽しい会話でしたが

徐々に少し重い話に移行します。






彼はこの美容室に雇われているスタッフです。




そのスタッフの話に少し考えさせられました。








その話の中身は「給料」についてでした。




そのスタッフ曰く、給料が安すぎると。






もっと給料が高ければ・・・


という話です。








その話を受け、

僕はその担当スタッフに聞いてみました。






・客単価の平均はいくらなのか?


・1日当たりの平均来客数は何人なのか?


・オーナー含め、スタッフ数は何人なのか?




・・・






残念なことに、答えが出てきたのは

3番目のスタッフ数だけでした。


(秘密、とかではなく、本当に知らないようでした)




サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のモテル マーケティングさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。