洗濯バサミと釣り糸と針だけで魚をたくさん釣る方法

ヨットでの航海中
船長の父から必要最低限のモノしか
所有することを認めてもらえなかった。
ある日、港で拾った糸と針。
きっと釣りをしに来た人が 
糸が切れたので捨てていったもの。
釣竿は持っていなかった。
ヨットに帰り、
洗濯バサミにまきつけた。
餌は朝食の残り、食パン。
食パンを口で少し湿らせ
こねて針につける。
驚くほど釣れた。
それまでは、
石の裏にいる
海老や小魚を手で捕まえていたけど
その日から
私は「釣り」を覚えた。
しかも餌は
食パンに限る。
毎日、食材は海から調達。
次の次の次の誕生日がくるまで、
釣竿はなく、洗濯バサミが私の
釣り道具の1軍だった。

著者の駒崎 クララさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。