出発10分前に予約を取ってバタバタと福岡から名古屋まで行った話。

世界旅行のお話が多い中で大したことのないお話かもしれませんが、、、

私は大学3年の夏の終わりに大阪と名古屋の友達にあいに行く事にしていました。しかし、直前にならないと行動しな癖のある私は前日に福岡発広島行きのバスの予約をとりました。

なぜ広島かというと、夜行で直接大阪や名古屋へ行くより、広島を経由したほうが安かったからです。そこから大阪を経由して名古屋までバスで行く予定でした。大阪から名古屋までのバスはJRバスの謝恩祭で半額ということでこの路線を使うことにしてました。

しかし、当日になってバスの乗り場を間違えた私は予約のバスに乗れず、途方に暮れました。いろんな夜行バスを調べたり、新幹線を調べたりしましたが、費用も考えるとどれも現実的ではなく、なによりバスに関しては予約がとれませんでした。

ここで何も考えてなかった私は広島から先の予約がとれなかったことや、謝恩祭による半額料金の座席が満席ということをこの時点で知りました。なんて野郎でしょうか。

翌日の昼には名古屋に行きたかったので友達に無理かもとメールを送り、帰ろうとしていると、バイト先の後輩に偶然会いました。後輩に経緯を少し脚色しながら話すと、後輩は同情してくれ一緒に手段を探す事にしました。散々検索しまくったおかげで私は充電が1%になっていたので充電をしながら、後輩と一緒に手段を探しました。しかし、調べ尽くしていた私には到底手段が見つかるはずがないと思いながらも、なかなか話す事の無い後輩との時間を楽しんでいました。

もうあきらめようかとしていたそのとき、フェリーという手段があることに気づきました。時間にして16時。検索していると、北九州から大阪までのフェリーが19時50分に出発する便があるではないですか。海上から攻める方向性でプランを立て、大阪から名古屋までのバスも学割を使用し比較的安価に予約がとれました。とった予約は 北九州ー大阪 (19時50分発のフェリー)と、大阪駅ー名古屋駅(10時20分のバス)の二件。この時点で16時20分。ということで16時30分発の天神から北九州までの高速バスに乗り、連絡バスを乗り継いで19時20分に港につきました。なんとか出航に間に合い船内で一泊し翌日の朝8時半に大阪の港につきました。そこから船内でたまたま話したおばちゃんの話をたよりに、地下鉄や、モノレール的なのを乗りついで、大阪駅のバスターミナルに9時50分に到着。こちらもなんとか間に合い、名古屋へのバスに乗り込みました。無事名古屋で友達に合流することができ、このバタバタ決めた旅程は成功。

正直、出発直前まで迷っていましたが行ってよかったです。こんな無計画な旅が逆にいい経験をもたらしてくれたんじゃないかと思います。友達と会う喜びもそうですが、同じくらいにバタバタとたてた予定や予約と予約の時間の合間と戦いながら旅し、それのひとつひとつが成功していく感覚が快感で仕方ありませんでした。帰りもトラブルに見舞われましたが、波瀾万丈な旅ができたと思います。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。