モノが売れない時代、売り手に残された1本の道

1 / 4 ページ



まず、「モノが売れなくなった」ということの定義付けから。


■ネットで買う、がスタンダードな時代

何年くらい前からでしょうか、体感で言うと15年前くらい。

インターネットでモノを買うという形態が広がり始めました。


PCの前にいながら買い物ができて、家に商品が届く。

実店舗よりも価格が安く、品数も多い。

近所に売っていないモノも手軽に購入できてしまう。

より安い価格を比較して見つけることもできる。

送料無料の商品や定期購入も簡単。

そして、現在、スマホからの購入も確実に増えてきていますね。


Amazon、楽天、Yahooショッピング、価格コム・・・etc


確かに便利です。

僕自身、ネット、リアル店舗、それぞれの

出費金額の割合は、ネット6割、リアル4割。

そんな感じです。


しかも、リアルの出費の殆どは飲食代です。

つまり、服とか、家電とか、もろもろは

ネットで買っているという現状です。



■便利なのにモノが売れない?その理由

消費者の心情としては、

なんでも買える!なんて便利な世の中だろう!


そんな感じでしょう。



一方、売り手の心情はどうでしょう。


ネットの先には数百万のお客様!わーい!

販売スタッフもいらないからコスト削減!

店舗家賃もいらない!

ネット万歳!良いことだらけ!


・・・確かに、インターネット黎明期であれば

みんなの読んで良かった!