モノが売れない時代、売り手に残された1本の道



まず、「モノが売れなくなった」ということの定義付けから。


■ネットで買う、がスタンダードな時代

何年くらい前からでしょうか、体感で言うと15年前くらい。

インターネットでモノを買うという形態が広がり始めました。


PCの前にいながら買い物ができて、家に商品が届く。

実店舗よりも価格が安く、品数も多い。

近所に売っていないモノも手軽に購入できてしまう。

より安い価格を比較して見つけることもできる。

送料無料の商品や定期購入も簡単。

そして、現在、スマホからの購入も確実に増えてきていますね。


Amazon、楽天、Yahooショッピング、価格コム・・・etc


確かに便利です。

僕自身、ネット、リアル店舗、それぞれの

出費金額の割合は、ネット6割、リアル4割。

そんな感じです。


しかも、リアルの出費の殆どは飲食代です。

つまり、服とか、家電とか、もろもろは

ネットで買っているという現状です。



■便利なのにモノが売れない?その理由

消費者の心情としては、

なんでも買える!なんて便利な世の中だろう!


そんな感じでしょう。



一方、売り手の心情はどうでしょう。


ネットの先には数百万のお客様!わーい!

販売スタッフもいらないからコスト削減!

店舗家賃もいらない!

ネット万歳!良いことだらけ!


・・・確かに、インターネット黎明期であれば

ネットに商品を載せただけで売れる時代もあったでしょう。


ちょっとリスティングすれば

ガンガン売れる時代。



しかし、今、商品乗っけてリスティングしても、

正直、モノはそれほど売れなくなりました。


ネットでモノが売れにくくなったのです。


理由は簡単です。


ライバル(競合)が増えたことと、

消費者が賢くなったことです。


同じ商品であれば、単純に価格を比較されて

高い店舗は負けます。


どの店舗も扱っていない商品なんてそんなにありません。

すぐに真似されて競合が増えます。


ネットでモノを売ることが難しくなってきています。



加えて、同時にリアル店舗もネットショッピングの

影響で売れなくなってきています。



つまり、


今は相対的に「モノが売れない時代」なんです。

モノを売るのが難しい時代ということです。



■モノを売るために、僕らにできること

さて、モノが売れない時代に生きている僕達。

こんな時代にモノを売って生活していかないと

いけない僕達に残された道は何でしょう?


それは、


顧客の立場に立って工夫することです。


顧客は誰か?

顧客が抱えている問題はなにか?

顧客は何を欲しているのか?

顧客を満足させるためには何が必要か?

などなど。



この思考を突き詰めていくと、

あるポイントにたどり着きます。


それは、

顧客が求めているのは、商品そのものではなく、

その先にある「ストーリー」である、ということ。



顧客はストーリーを求めています。


商品にまつわるストーリー、

あなたにまつわるストーリー、

他の顧客のストーリー、


それらのストーリーを自分のストーリーに

重ねあわせて、「必要」「不要」の判断をしています。


しかも、直感的に。



■売るためには?ではなく、共感するためには?の思考

ネット、リアルに関わらず、

あなたは顧客に対し、ストーリーを開示する必要があります。

よりリアルで正直なストーリーです。


そのストーリーが顧客に伝われば、共感が生まれ

モノが売れます。


リアル店舗でも、ネットでも、ソーシャルでも、

やり方しだいでモノは売れます。


逆に、ストーリーを伝えられなければモノは売れません。


(※だから、テキトーな広告代理店に任せちゃダメなんです・・。)



モノが売れない時代、僕達に残された道は

顧客の立場に立って、顧客とストーリーを

共有することです。



■お知らせ


・・・というようなセミナーをやります!笑

※宮崎ですが、、、


詳細はコチラ↓


「マーケティングって何?」が解決!

中学生でも分かる 管理職のための

【マーケティング超入門セミナー】

https://www.facebook.com/events/738553852879153/



それでは、また。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。