2度目の卵子提供、行ってきます。

3 / 3 ページ

ただ、3週間も海外に滞在できるのは、私は素直に嬉しかった


こんな風に言えるのも、一度体験して無事に帰ってきたからなんだろうけど。

やっぱり実体験に勝るものはない。



*****************************************************************************************


【3】承諾と渡米まで


今回はどうなるのかな。新しい友達ができるかな。

3週間なにしよう。ヨガデビューしちゃおうかな。

語学スクールに通いたい気もするし、ライセンスとってもいいし。

あー、ただ海関係はダメだな。水遊び禁止だった。

あと激しい運動も禁止。


とりあえず、朝の散歩は今回もやろう。

あの気持ちよさは忘れられない。


*******************


この前ふと

「あれ?血液検査ないんだっけ?」

案内の連絡がないのが不思議に思って担当さんに連絡した。


「二度目は必要ありません。

 生理がきたらピルで調整していただきます。」


へぇー。二度目は必要ないのか。

新しい発見。


*******************


さーてと。

今回はちゃんと旅行本買っていこう。

前回はあまりにも種類多くて買わずじまいの渡米だったし。笑


*******************


ヨガ教室調べてみたけど、人気なのかな?

もう渡米期間に開催される教室の募集が終わってた。

若干、世間の休みと被るからなー。甘く見てた。


うーん。何しよう。

もうちょっと探してみるか。


*******************


お仕事が終わって帰宅したらエージェントから薬が届いていた。

今回も2種類。ピルと抗生剤。


早速到着の旨を担当さんへ連絡。

服用は生理開始後らしい。


今週、帰省するんだけど被りそうだから一応バッグに忍ばせる。


さてさて。

今回はどうしようかなー。

両親に言うべきか、否か。

意外に前回の母からの罵倒がトラウマ化しているようだ。

うーん、でも言わない方が怒られそう。

なんか小学生に戻ったんじゃないか、と思うくらいな思考回路だな。笑


ま、渡米前にもう一度帰省するし、今回の帰省では黙っておこう。

会社では言い難いことから報告するように教わったけど。

ここは、会社じゃない!笑

なーんて、言い訳ですけどね。


*******************


今日から抗生剤を服用していて、かなり気持ち悪い。

朝ご飯が少ない時なんて本当辛い。


気持ち悪すぎて頭が回らない。


夜はしっかりご飯食べた後だからなんてことないんだけどなー。

朝は胃への負担半端ない。


でも1週間の服用だし頑張ろう。


そして相変わらず旅行本選べない。笑

evernoteにメモして行けば?とか思えてきた。

買わなくてもどうにかなる、っていう経験をしてしまったから。

うん、今回も買わなそう。笑



*****************************************************************************************

【渡米3日前】


エージェント担当さんからメールが届いた。

今回のホテルとEチケット。

空港からホテルまでのタクシー案内。


去年よりは安いけど・・・いや高い。

これ+謝礼だもんね。

卵子提供日本でできるようになったらいいのに。


この前と言ってること違うけど。


いや、でもこの負担(ホテルと飛行機代)がなければ、

その分を生まれてきた子どもに使うことができるんだよね…

そんな風に考えてしまう。



…to be continued



*****************************************************************************************


渡米から帰国までの内容はFacebookページにて交流を考えています。

個人情報等は伏せたままになりますが、

みなさんからの疑問にお答えできればと思います。


批判的な意見は、ストレスによる体調不良を起こさないために、

採卵後に対応いたします。ご了承ください。


→www.facebook.com/ichika.eggdonor


前回の卵子提供滞在記はこちらから


http://urx.nu/b6r0


*****************************************************************************************





著者のイチカ エッグドナーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。