やり逃げは「思いやり」

1 / 2 ページ

ボクには友人がいなかった。

出会いもなかった。

引きこもりで、孤独なデブだった。


でも、ひょんなキッカケで、世界が変わった。


そして、いろいろあった結果、華々しい人脈を築き上げるメソッドをつくることができて飲み友達に困ることはなくなった。

女の子を口説く技をあみだせて、ガンガンに口説けるようになった。

モテ本を出版、ラジオ出演まで果たした。


ここで、その経緯を書いているんだけど飽きてきたので、今回は「納得がいかなかったときの話」を小説風で――。


イマイチだった「2対2」の合コンの後、よく合コンに来てくれている飲み友達の直樹(仮名)と2人で飲みなおしていた。

はじめは、いつものように「今回の女の子はどうだった」とか、何気ない話をしていたんだけど、直樹が唐突に話を切り出してきた。


「そういえば、順子さん(仮名)とメールやりとりしていたんだけど……。オマエ、山本さん(仮名)を食ったんだってな?


順子さんは、女の子の知り合いが多くて、メンツを替えの合コンをよくやってくれる女性だ。

だから直樹も順子さんに合コンを頼もうとしたのだろう。

でも、ついにボクが「やり逃げ常習犯」だと順子さんの耳に入って、直樹との合コンの話が流れてしまったのだと思った。


だから、ボクはビールをぐびっと飲んでから軽くうなづき、「……合コン流れた?」と聞き返した。

直樹は「そっか……」とつぶやき、しばらく無言でビールを飲んでいた。


直樹は山本さんを狙っていたのかもしれないと思った。

山本さんもまた可愛かったから。


直樹は大きく息を吐き出してから、話しはじめた。


「水瀬って、合コンのとき、いつも女性みんなに気を遣っていて、特定の誰かを口説こうとしているようには見えなかったんだけどな……」


直樹がそのように思っても仕方がない。

ボクはダイエットが成功してデブではなくなったけど、相変わらず、イケメンでもないし、女子から嫌われる不安定な職種だ。

しかも「スポーツマン」「さわやか」っぽくしていて、そのようなことをやっていなさそうにも見える。

その上、合コンでは、全員が話せるように、話をふっていく。

博愛主義に見えるかもしれないけど……。そうではないんだ。


「ああ、それ、全部、作戦

「作戦?」


直樹はきょとんとした顔をした。


「女の子って、友達の意見に左右されやすいじゃん? だから、可愛い子ばかりに話しかけて、ほかの子から総すかんを食らえば、後日、女子会で悪口を吹き込まれて、可愛い子からも嫌われちゃうんだよ。それに、合コンのあと『2人で』が難しければ、何度も顔をあわせることを目指すんだけど、ほかの女の子から嫌われると『じゃあ、メンツを替えて飲み会でも』って誘えなくなるじゃん。可愛い子、友達を呼べなくなるわけだから。だから、ほかの子に嫌われないように『平等』を装っているわけ」


「でも、そうすると、狙っている子に好意が伝わらないんじゃ?」


「小学校のとき、女の子って、よく『A先生、B子ちゃんをエコヒイキしている』とか言っていたじゃん? 女の子って、すげー『差別』に敏感なんだ。だから可愛い子としか話さなければ女の子全員から嫌われるけど、平等を装って、ほんのすこしだけ可愛い子を『差別』するわけ。それで、たいてい、好意は伝わるよ」


直樹の顔はしぶくなった。


「……理屈を聞けば、そうかもなーって思うけど、信じられないな」


ボクは「×人を斬った」とか「×さんとやった」とかいう話は大嫌いだ。

ラジオに出演したときも、本番前、東京03から「何人くらいとやったの?」と聞かれたくらい、男なら誰しも「結果」を重視しているのは知っている。

でも、「×人を斬った」は、結果だけがすべてで、そこに至るまでの会話の技、そういう雰囲気になるようにしたテクニックとか、すべて否定されるような気がして、なんか嫌だ。

ぶっちゃけ、簡単にやらせてくれる子を狙い撃てば数は確保できるよね、と思ってしまうし。


「×さんとやった」っていう話は、×さんが獲物で、そこには×さんの人格が無視されるような気がして、なんか抵抗を感じる。


そもそもボクは口説くとき、たいてい泥酔していて、誰とやったのか忘れてしまっていることもあるというのもあるんだけど……。


だから、ふつうは「×さんとやった」系の話はしないんだけど、ボクは直樹の発言にかちんときていた。

いや、直樹が狙っていた女性の多くと関係をもった罪悪感が、免罪符を得ようとボクの口を開かせたのかもしれない。


「河野さん、覚えてる? あの子ともやったし、三田さん、石橋さん、浜田さん……(すべて仮名)」


ボクが直樹が知っていそうで、やり逃げした子の名前を、ひたすら、あげていった。

直樹は目をぱちぱちさせたあと、ジョッキを飲みほした。


「……ま、マジで?」

「マジで」


居酒屋の喧噪だけがあたりを支配していた。

しばらくして直樹は口を開いた。


「ってか、石橋さんって、めちゃくちゃ可愛いよな? マジで、やり逃げしたの?」


ボクがずっと無言でいると、ようやく直樹は事態が呑み込めたのだろう。

「なんで、オマエみたいなやつに……」とつぶやき、うつむいた。

その言葉にも、すこし、かちんときたけど、それも悔しさ、芽生えかけていた恋心、失望、いろいろな気持ちがごちゃまぜになってのものだと思ったから、直樹が納得できるように、モテのテニックのほんの一部だけ話した。


会話の端々にあらわれる言葉を組み合わせると、『石橋さんは筋肉質のスポーツマン系が好きにちがいない』と踏めたわけ。で、合コンのとき、たとえば『最近、筋トレしてないなー』とか、ほのめかしていたんだよ。筋トレなんか、ここ十年くらいしていないんだけどね」


ボクのノウハウはちょっと特殊だから「会話の端々にあらわれる言葉を組み合わせる」「ほのめかす」っていうのに疑問をもって突っ込んでくると思っていたけど、ボクの説明のかいもむなしく、直樹は話を聞いていないようだった。


直樹が「そうか……。オマエみたいなやつに……」とつぶやいたのを最後に、ふたたび、居酒屋の喧噪だけがあたりを支配た。

直樹はうつむき加減だったが、唐突に非難を内包しているような声を出した。


「ってか、オマエ、そんなに、やり逃げして罪悪感ないの?」


罪悪感。

懐かしい言葉だった。

「やり逃げ=悪いこと」という既成概念があるから、直樹がそう考えるのも無理はないと思ったけど……。

既成概念ほど、やっかいなものはない。

それを崩すのに多大な労力が必要だからだ。

だから、ボクは核心からはなさず、まずは外堀を埋めようと思った。


「北山さんって覚えている?」


直樹はようやく顔をあげて、若干、投げやりに話してきた。


「ああ、いわゆる『アラフォー美人』ってやつだよな。性格もよかったよなー。あの子ともやったの?」

「やってないよ。……性格がよかったって?」

「気配り上手だったし、ふつうの女性だと露骨に嫌な顔をしてくる佐藤(非モテの男性)ともふつうに話して連絡先も交換していたし。それに二次会の店も『安い居酒屋にしよう』とか言っていたし。いい子だなと思ったよ」


やっぱり直樹も、か、と思った。


「ボクは、いろいろな女の子を紹介してくれそうな子と仲良くなるようにしているんだ。で、その一環で食事に行って、『ぶっちゃけ、どういう条件の男性がいい』と聞き出して、合コンに呼ぶ男性メンツを選ぶわけ。直樹、ボクがCAの合コンに呼ばなかったって怒っていたじゃん? それは、ボクが直樹を選ばなかったわけじゃなく、彼女たちが『エリート』『安定した職種』を連呼していたから。で、北山さんとも食事にいったんだよ。あの子、『何が何でも旧財閥系の商社マンと結婚する』『でも、自分の言いなりになる旧財閥系の商社マンがいい』って言っていたよ」


直樹は目を見開いて、すこし口を開けたまま、文字通り「凍りついた」。

CAの本音を暴露して、直樹が描いていた「北山さんの像」をボクがぶち壊したからだろう。

ボクはこれ以上追撃するのもな、と思ったけど……。

止まらなかった。

「超」エリート社員だけど、コミュニケーション力がなくて、ダサい服装、髪形の男性の山田(仮名)の話を出した。


「山田って覚えてる? 直樹が『コイツ、一生結婚できないよ』って言っていたやつ。アイツ、結婚したんだってさ。で、山田とつながっている女の子に写真を見せてもらったんだけど、結構、可愛い女の子で。しかも、その女の子からアタックしてきたんだってさ」

「アイツが、かわいい子からアタック?????」


直樹はそれ以外の言葉しか思いつかなかったんだろう。

それも仕方がないことなのかもしれない。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。