やり逃げは「思いやり」

1 / 7 ページ

ボクには友人がいなかった。

出会いもなかった。

引きこもりで、孤独なデブだった。


でも、ひょんなキッカケで、世界が変わった。


そして、いろいろあった結果、華々しい人脈を築き上げるメソッドをつくることができて飲み友達に困ることはなくなった。

女の子を口説く技をあみだせて、ガンガンに口説けるようになった。

モテ本を出版、ラジオ出演まで果たした。


ここで、その経緯を書いているんだけど飽きてきたので、今回は「納得がいかなかったときの話」を小説風で――。


イマイチだった「2対2」の合コンの後、よく合コンに来てくれている飲み友達の直樹(仮名)と2人で飲みなおしていた。

はじめは、いつものように「今回の女の子はどうだった」とか、何気ない話をしていたんだけど、直樹が唐突に話を切り出してきた。


「そういえば、順子さん(仮名)とメールやりとりしていたんだけど……。オマエ、山本さん(仮名)を食ったんだってな?


順子さんは、女の子の知り合いが多くて、メンツを替えの合コンをよくやってくれる女性だ。

だから直樹も順子さんに合コンを頼もうとしたのだろう。

でも、ついにボクが「やり逃げ常習犯」だと順子さんの耳に入って、直樹との合コンの話が流れてしまったのだと思った。


だから、ボクはビールをぐびっと飲んでから軽くうなづき、「……合コン流れた?」と聞き返した。

直樹は「そっか……」とつぶやき、しばらく無言でビールを飲んでいた。


直樹は山本さんを狙っていたのかもしれないと思った。

山本さんもまた可愛かったから。


直樹は大きく息を吐き出してから、話しはじめた。


「水瀬って、合コンのとき、いつも女性みんなに気を遣っていて、特定の誰かを口説こうとしているようには見えなかったんだけどな……」


直樹がそのように思っても仕方がない。

ボクはダイエットが成功してデブではなくなったけど、相変わらず、イケメンでもないし、女子から嫌われる不安定な職種だ。

しかも「スポーツマン」「さわやか」っぽくしていて、そのようなことをやっていなさそうにも見える。

その上、合コンでは、全員が話せるように、話をふっていく。

博愛主義に見えるかもしれないけど……。そうではないんだ。


「ああ、それ、全部、作戦

「作戦?」


直樹はきょとんとした顔をした。


「女の子って、友達の意見に左右されやすいじゃん? だから、可愛い子ばかりに話しかけて、ほかの子から総すかんを食らえば、後日、女子会で悪口を吹き込まれて、可愛い子からも嫌われちゃうんだよ。それに、合コンのあと『2人で』が難しければ、何度も顔をあわせることを目指すんだけど、ほかの女の子から嫌われると『じゃあ、メンツを替えて飲み会でも』って誘えなくなるじゃん。可愛い子、友達を呼べなくなるわけだから。だから、ほかの子に嫌われないように『平等』を装っているわけ」

みんなの読んで良かった!