珍名クリスマスのお菓子 (ナイジェリア人との国際結婚)

ナイジェリア人の旦那に出会った始めてのクリスマス。


2009年の出来事。


付き合ってからたった1ヶ月程の当時、彼がクリスマスの日に大きなペンギンのぬいぐるみと大きな大きなクリスマスカードとリーボックのスニーカーを持ってきてきてくれた。


プレゼントの他に彼のお母さん手作りのナイジェリアでクリスマスには欠かせない恒例行事でもあるというお菓子を持ってきてくれた。



まずは大きなペンギン、そしてカード、スニーカー。


そしてジップロックに入ったお菓子を恥ずかしそうに渡してくれた彼。

「このお菓子はナイジェリアではとても貴重なお菓子で母が君の為に特別今朝焼いてくれたのでどうぞ」

そしてその名前は。。。。

「チンチン」。。。。。。。。。

見た目はおかきのようなお菓子。

味はとっても固い小さいドーナツ?

ちょっと今まで食べたことがない味でした。

「お母さんが焼いたチンチンです。どうぞ。」

と言われた際にはちょっとカルチャーショックというか腰が抜けそうになりました。

ナイジェリアではこのチンチンはお年玉の様に子供達に配られるそうです。

彼のお母さんが目をキラキラしてその話をしてくれたときはちょっと笑いをこらえながら

「へ〜〜素晴らしい恒例行事ですね」とねぎらった。

子供達が沢山私の家に来るの!

そして「チンチン」を下さいと訪ねてくるから毎年沢山焼くのよ。

いや〜ここまで来ると笑いもでません。

驚愕を越え、そうねやっぱりこれは地球の裏側って事でと自分なりに解釈しています

ナイジェリア人との国際結婚(ブログ)


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のLove Juriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。