『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

1 / 7 ページ

前編: 入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話

このstoryは『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』の後編です。

【前回までのあらすじ】

”好きな事しかしない”ヤスは大学時代、バスケットボールや語学学習(英語やドイツ語など)に明け暮れていた。化学が専攻だったのにもかかわらず、化学に関してはあまり勉強していなかった(その割に大学院まで行っていたが、、)。富士フイルムの入社試験で行われた化学の筆記試験に不合格したものの、「テストの点なんて関係ない。何を勉強するかもわかっていなかったうちに教科書を沢山覚えていた人が点数が高いだけでしょう?入社後に何をするかがわかれば自分で勉強できます。」と面接官に思いの丈をぶつけると、、、三人の面接官は皆、不合格を合格に切り替えた!

その話は人事部の部長の耳に入り、部長と直に会って話すことにより、遂には入社後に『特別待遇』を受けることにまでなったのだ、、、

それでは始まり、始まり~


人事部の部長との面談から(よし、分かった!)

部長はハッキリと言った。

「よし、分かった!」

この時点で、部長は自分を受け入れ、活かそうと決意してくれたようだ。

そしてこのことは後に自分が退社を決めた時に初めて、部長から直接聞かされることになる、、、

配属先は最初から決まっている?

内定式で同期全員の名前を覚え、京都では同期となる関西組の交流会を開いたり、相変わらず私は自由にやっていた。

そして晴れて入社し、新人研修に突入~。

この新人研修が無茶苦茶面白くて!思い出すだけでも楽しくなっちゃうな~。

二週間くらい同期の仲間と同じ建物で暮らすというのが何よりも刺激的だったんだよね^^

ハッキリ言って研修の中身の方はあまり覚えていないんだけど、、、

朝から晩まで同世代の男女が集まるというのが面白かったんだよね~

あんなことや、こんなことまであったりして、、、(おっと、話がそれた(^_^;))

研修ではグループ活動があり、和を乱す人とか、タイプが合わない?とかで修羅場のようになっているグループもあったようだ。

休憩室で人間関係でもつれているグループの友達と話していると、急にそのグループの他の人が入ってきて言い合いが始まっちゃったりしてね(^_^;)

マッサージチェアに座りながら、「休憩どころか、逆にストレスで体が硬くなりそうだね、アハハ」なんて、側で見ていてちょっと面白かったくらい^^

それはさておき、笑いあり、涙ありの二週間を共に過ごした仲間たち、、、

研修の最後には配属先の決定という一大イベントが!

配属先は全国にあるため、ここで仲良しの皆と離ればなれになるか、また一緒になるかがわかるというわけなのだ。

一人ひとり、配属先が告げられるごとに歓声が起こったり、急に暗くなってしまったり、、(泣いている人達もいたな、、)

自分の配属先は静岡県榛原郡吉田町の吉田工場。

”え?吉田『工場』?!俺は研究者になるのではないのか?”

物凄い田舎で、配属が”吉田”と告げられると、周りからどよめきが起こるような場所だった。

配属先というのは、研修中に適性などを見て、更に面接も行う上で決定されるらしく、面接というのは割りと配属先の決定に重要な位置を占めるという話だった。

面接官;「室田くんは配属先に希望とかはあるの?」

ヤス;「バスケットボールが出来る体育館などがあると良いですね。あと、仕事が面白いところ!」

面接官;「まさにバッチリのところがあるよ。」

ヤス;「小田原だと、祖母も住んでいてそこからも通えるので良いと思っています。」

面接官;「おばあさん、介護などの必要があるのかな?」

ヤス;「いえ、そういう事ではありませんが」

面接官;「なら小田原でなくてもいいよね♪」

面接は配属先の決定に重要な位置を占めるという事前情報とは異なり、何だか自分の場合、最初から配属先がどうも決まっているようで、??な感じだった、、、

明らかに対応が違う?!(仕事の指令無し)

配属先である静岡の吉田工場内には実は研究所があった。(自分が知らなかっただけ)

そして、「まさにバッチリのところがあるよ」の言葉通り、工場内には体育館があり、自由にバスケットボールをしたりすることが出来る所だった!(自分が富士フイルムのバスケ部を復活させたんだよ^^)

更には、独身寮の前にはテニスコートまであり、かなり自分としては楽しそうな環境♪

みんなの読んで良かった!