破天荒税理士の出産体験記①~陣痛は突然に~

◆2014年8月4日(月)出産予定日

朝8時起床。

実家に里帰り中の私。

NHKの朝ドラ、花子とアンをいつも通り見ることができてしまった。。

切迫早産気味と診断されていた私は

てっきり出産予定日前には出産を終えていると思い込んでいた。


朝食後、通常検診のため、病院へ。

先生「陣痛などのような前兆はありませんか?」

私「ええ。毎日2時間歩いてスクワットもしてますが、まったくなんともありません。」

先生「そうですか。。そうしましたら、何もなければ明後日6日に入院して陣痛促進剤で出産の方向でいきましょう。」

私「・・・・・はい。。。」

先生「ちょっと触診しますね。長めにグリグリしますよー。」

私「うう。もっともっと。私の中をグリグリしてください!!!!」


ということで、検診後、実家へ戻る。


しかし・・・・

下腹部に違和感が・・・・

でも、痛さの波はないし、まあ違うか。

この痛さが今日中に本当の陣痛になったらいいなあああ。

という淡い期待をもちつつ、自営業の私はお仕事を進める。


午後4時

お休みだった旦那様が実家へ。

まあ、今日産まれることはなさそうだから夕飯食べて帰るとのこと。

しかし。。。


午後7時

なんとなく痛さに波が・・・

こ・これは・・・・・

旦那様、改めて出産本を熟読しはじめる。

陣痛について復習しはじめる。


午後9時

往年のトレンディドラマ「HERO」が始まってしまった。

痛さの波が10分間隔だが、トレンディドラマを見逃すわけにはいかない。

見ないわけにはいかなかった。

陣痛の波が来るたびに私はトレンディドラマをみながら、

「痛い」と叫び、旦那が時間をメモる。


午後10時50分

旦那「間隔が・・・・!!」

いよいよ7分間隔へ。


きたきた!!これは絶対そうだ!!!

病院に電話じゃ!!!


私「陣痛の間隔が7分になってます。もう伺ってもよろしいでしょうか?」


看護師さん「うーん。あなた初産だから、前駆陣痛の可能性あるわ。このまま痛みがおさまる可能性が高いから寝れたら寝ちゃって。で、明日、また日中の検診にきてください。


本当の陣痛だったこんなに冷静にかけてこれないから。」


私「な・・・・・・・何を~!!!!!!」


ちょっと切れそうになったが、しかし、初めての妊娠のため自分では陣痛の判断なんてできない。。。

看護師さんに言われたらそうなんだろう。



午後11時 


私の大好きなトレンディな恋愛こじらせ番組「テラスハウス」が始まってしまった。

見るしかない。

旦那が腰をさすりながら、

私は「テラスハウス」をみるしかなかった。

しかし、不思議と・・・・「テラスハウス」をみている時だけは痛さが和らいだような気がした。


先々週まで違う女の子が気になっていたのに、今週は別の子に気が変わっちゃった男をみて、ああ、結局男なんてそんなものよね。


と思っていたら、

アドレナリンが脳内に分泌され、痛さが緩和された。


陣痛の痛さ逃がしに効果的な「テラスハウス」


これにて、8月4日終了。

8月5日に続く。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。