自分にしかないものを探して

ひとりの踊り手として認められたい
身内や、スタジオのメンバーが認めてくれても、私を知らない人に踊りで感動させる事が出来なければ、一人前とは言えないと思う。
私は特別美しい容姿でもなく、特別秀でた技術がある訳でもない。
やっと見つけた自信も、儚いものだった。
私にとっては努力の塊みたいなものだった。
毎日踊りの事だけ、テクニックの事だけ考えて練習して、エジプトにまで行ってやっとのことで身につけたテクニック。なかなか出来る人いないし、これで私にしかできない事ができた!と思っていた。
だけど、後に続くエジプト行きのダンサーさん達。
テクニックってみんなもそのうち出来るようになるし、世界の舞台を見れば上には上がいる。
私が自信をつけたはずのテクニックなんて、特別私にしかできない事でもなんでもなかった。あれだけ欲しかったものなのに、そこに自信や強みを持っても、脆すぎて常に脅かされる不安も同時に持つことになる。

テクニックも、容姿も、強みにならないのであれば、どうしたらいいの?
この私が、何も特別な才能や強みがないことは、きっとデメリットではなく、余計な所に自信をつけないためでもあったのかもしれない。

答えが見つかった今はそう思うことが出来る。
メイクや衣装も剥ぎ取って、全く動かない私に残るものは、音楽を聴いて感じる心しか残らない。

誰にも触れないし、真似できない。

音楽を聴いて思い浮かべる風景、感情、香り、自分が感じた全ての美しさをどこまで伝えられるのだろうか。それを表現することに全てのエネルギーを込めて、生きる力を伝えること。
情熱、愛、癒し、希望、楽しみ、幸せ、快楽。
人の生きる力は心の中の感情だから。
健康であっても自殺してしまう人がいるように、心の中に光がなかったら生きる意味をなくしてしまう。
人の心に光を灯すこと。生命力を与えることが仕事。
自分の感性を表現する事に全力を尽くす事。それが唯一私にしかできない事をする方法なのかもしれない。

著者の蛭田 早恵さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。