アラフォー伴侶なしでも幸せ!?

山小屋編


久しぶりの山登り。この先の彼と連絡が取れないことよりも

なぜか山小屋に行くことにワクワクしていた。彼は何も言わなかった。

山へ上がる前の日に山の麓の街へ入る。

夏前のこの街は何処か静かで、不思議な空気。

登り始めて、久しぶりの高揚感。何のためにきたのかなんてどうでもよかった。

二時間すると標高は2000mを越え、7月初旬のまだ寒さが残る山。

当然のことのように足元は残雪。

雨も降り始めた。手もかじかんでいる。

それでもなぜか楽しくて仕方なかった。

岩場を二つ越えて、5時間。やっとたどり着いた先は暖かい小屋。

少し緊張しながら、

ガラっと重い木の引き戸を開けた。

初めまして。今日から二ヶ月お世話になります。

よろしくお願いします。

32歳の私はまるで学生のような気分だった。

著者の平岩 栄美子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。