母への愛

私の母は67歳になる。

中学時代は面倒をかけ、高校時代は反抗し、極力顔を合わさないように過ごしていた。

その後家を出るまで数年は、外出が多く、ゆっくりと会話をすることもなかった。

けっして、不仲というわけではない。

愛情を注がれて育てられてきた。

ただ、私の成長過程であまり深く関わることをさけていた時があった。という話だ。


20歳のころ、親元を離れて自立した。

それから5年間は、何の連絡もしなかった記憶がある。

それも、不仲だからではない。

「連絡がないのは無事な証拠」といったスタンス。


そして、年月を経るに従い。。。。


今では2週間に1回は電話している。

お互いに歳を重ね、健康が心配になっているのだ。


「ふるさとは遠きにありて思ふもの」

前よりも、親を大事にしなければ  という想いが強い。


数年前、今までずっと健康だった母が急性難聴になった。


もちろん私は遠くにいてその情報を聞いた。


ショックは隠せなかった。

自分のこと以上にショックを受けたのだ。


耳鳴りやめまいで苦しんでいる姿を思うと

泣けてくる。


替れるものなら替ってあげたい。


でも、母もまた言うだろう。


私が苦しみもがこうものならば、

私が替ってあげたいと。


年功序列。


運命。


親は先にこの世を離れる。


私は残される。


私に今できること。


年老いた親に対してできること。


いつまでも元気でいてもらうこと。


楽しい思い出を沢山作ってもらうこと。


私は、毎月水素サプリメントを贈っている。


少しでも症状が良くなるように。

そして、いつまでも笑っていられるように。


水素サプリメントが私の愛の替り。


母の健康と美を。。。若々しさを。

心から願って。



著者の若林 美麗さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。