ネットゲームで年360万円稼いでいたこと&やめたこと

次話: ネットゲームで年360万円稼いだこと&やめたこと その2
元来僕は飽き症です。

悪く言えば飽きやすく、良く言えば絶えず変化するということなのですが、とにかくそれが僕をあらわすにはピッタリの言葉です。
まあつまり、つまらないとやめてしまうということなのですが、今回1、2年ほどネットゲームで年間360万円程稼いでいた方法というか話をアップします。お話としては10年から15年位前の話ですが、皆さんの副業か何かの、多少役に立つかと思い、書いてみようと思います。

第一話

あれは僕が24か26かそこら辺の頃の話です。
当時僕はネットゲーマーでした。

クラバーでもあったのですが、それ以上にゲーマーでした。
年商2000億円程の大手半導体会社で勤めていたのですが、会社が終わるのが6時位で、それから後はずっと時間を持て余していました。
元来ゲームが好きだった僕は、当時はやり始めていたネットゲームとやらをやってみることにしました。
ちなみに今ではゲームはネットゲームが中心ですが、昔は「ゲームを、パソコンに、インストールする」という時代でした。
まあ10年か15年前の話なので、分かる人は分かると思いますが・・
当時、ビッグカメラかどこかで、店員さんに聞いてみたところ、一番人気があるのは「ウルティマオンライン(以下UO)」というゲームで、早速それをやり始める事にしました。
やり始めたら、あまりの楽しさに昼夜が逆転した生活を送るようになり、またこのためにパソコンもいくつか壊しました。
理由は、当時、このゲームをほぼ24時間中付けっぱなしにして、スキルアップをしていたのですが、その時によくキーボードの上に文鎮(重しです)を置いて、マクロを組んでゲーム上の一定の動きをさせていました。(これがいわゆる文鎮マクロというやつです。)
このため、キーボードが何個もお釈迦になりました。
また、僕は初心者だったのですが、いろいろな人が仲良くスキルアップのことを教えてくれました。
ちなみに僕はWakokuとGreatLakeというサーバーで楽しんでいましたが、GreatLakeはほとんどが米国人のプレイヤーなので、必然的に高速で英文タイプする手段が身に付きました。
僕のタイプは以前計ったときは、90wpm位なので相当早いほうなんです。90wpmとは、90ものwordを1分間に打ち込むスピードです。ちなみに"This is the sentence"の場合、4wordsという意味です。(日本語の一文字とは多少計測方法が違います。)
そんなこんなで楽しみながら?英語を学んでいました。ゲームをしながら、バトルしながら言葉を入力するわけですから、今思えば、語学力・IT力・グローバル対応力・英語力と全てを同時に上げる良い手段だと思うのですが・・(笑)
それはさておき、1年程ゲームを楽しんでいたら、ある一定以上のレベルに達したので(例えて言うとレベル100迄あるゲームのうち、70位まで行ったので)、飽きてやめてしまいました。
とても楽しいゲームだったのですが、好きすぎて、好きすぎて、日常生活に支障を来すようになったので、育て上げたキャラもゲーム上の財産も、ネット上の友達も、全部捨ててしまって、さようならをしたということです。ここまでが第一のストーリーです。
第二話
(ブックマークが5つ以上付いたら書きます^^)
画像出典:
公式サイトより
個人ブログ:

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

ネットゲームで年360万円稼いだこと&やめたこと その2

著者のF Aさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。