【第7話】 一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

1 / 3 ページ

草刈が感じた堀山の魅力


皆さん、ご機嫌よう。

STORYの更新が滞り、大変申し訳ない。

HUNTER×HUNTERの冨樫さんか、と言われても何の言い訳もできない。


読者の皆さん、お待たせしました。

しばらく休載してましたが、読者の皆さんからのコメントやメッセージは一つ残らず読ませて頂いております。本当にありがとうございます。


さて、我が師匠、草刈になぜか気に入られた堀山(詳しくは第4話参照)。

堀山という男の何が魅力的だったのか。


ちなみに、我が師匠草刈とは、病院勤務3年後、志を一つにし同じ屋根の下で働き、もちろん今もかけがえのない仲間である。


結果的に、8年もの間、お付き合いをさせて頂いているのだが、

堀山という男の何が魅力的だったのか。


当時は、1年目で右も左もわからず、’しんない’という言葉が、神経内科の略だともわからず病棟をさまよっていた堀山の。

その堀山という男の何が魅力的だったのか。



名字だ。


今日は、執筆のリハビリを兼ねてこの名字の素晴らしさを皆さんに伝えたいと思う。

第4話くらいで、第7話でこの名字の素晴らしさを書くと約束したことも忘れてはいない。


さて、皆さん。

「堀」がつく名字で思いつく名字はなんだろうか?


堀内?

堀口?

堀川?

堀田?

堀之内?


お気づきだろうか。

「堀」という字はその名のとおり地面を掘るのだ。

掘ったあとは凹む。地面は凹む。

つまり、堀の後には通常凹む系の漢字が来るのだ。

これは物理学的にも証明されている。

このニュートン先生がお気づきになられたようなセオリーを崩した男が過去にいた。


男の名は、黒子次郎左衛門太助(のちの堀山次郎左衛門太助)。

みんなの読んで良かった!