本当にあった医者のお話 私がやらなきゃ誰がやるんですか

1 / 2 ページ







この言葉を




言える人は






覚悟や責任感がある人だろう




だからこそ


この言葉を言える人は




そう 多くはないだろう






とある田舎町で




小さな診療所をやっている




医者がいた







その医者は




とても熱心な方で




1人1人のお家を




診療訪問していた






その地域には




ちゃんとした医者が




その先生しかいなかった








その先生は 毎日多忙


を過ごしていた


それもそのはず 毎日のように 


1人1人の家にいき 患者さんの様子を見ていた




だけど その先生は




亡くなってしまった






その先生は




癌で 亡くなった




先生は 




自分が癌なのにも関わらず






毎日 訪問治療を続けていたのだ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。