弱視で内気だった私が一つのきっかけで日本2位になった話

1 / 3 ページ

 どうも、少し私の話をさせて下さい
最後まで聞いてくれると嬉しいです。

私、産まれてから両目で世界をみたことがありません


お母さんから生まれた後、退院した私にはある異変がありました。
それは右目の瞳が白いということ
お母さんが病院に連れていくと、やはり私は先天性の病気を患っていました。
先天性白内障
それが私の病気の名前です。

生後10ヶ月で手術をして、なんとか失明にはならなかったのですが…視力は回復せず、以来ずっと右目が弱視で生活しています。
ちなみに、当時も今も右目の視力は0.01と明かりの区別しかできないです。

初めての子が先天性の病気とあってお母さんは過保護で私を育てました。
小学生になって、周りは掛けてないメガネを掛けはじめて
「私はみんなとは違うんだ。」
と幼ながらに思ったのを覚えています。
小学校低学年になって、他の子と外に遊びに行きたくてもなかなか行かせてもらえず、家で本を読むことが多くなった私はだんだん内気な性格になっていきました。

けど小学三年生のお正月、お母さんのお姉さん、叔母さんの家に遊びに行ったことで私に大きな転機が訪れます。
 
叔母さんの家はテコンドーの道場を開いているお家で、叔父さんが先生をやっていました。もちろん従姉妹もやっています。
そんな従姉妹と去年と同じように騒いでいる私に、私の事情を知っているはずの叔父さんから一言。

「テコンドー、やってみるか?」

前から興味を持っていた私は、
「やりますっ!」
と大きな返事をしました。 

テコンドー始めました。


そんなこんなでテコンドーをやってみることになったものの、立ちはだかる壁は大きいものばかりでした。
テコンドーは頭を蹴ることがたまにあります、そのときに弱視が酷くなったらどうするんだ。
と、医者からドクターストップをもらいました。
でもそこは、頭は蹴らない。という約束でなんとか回避
他にもたくさんの壁がありましたが一つ一つ崩していって、私はテコンドーを始めることができたのです。

始めてみて楽しかったり、つまんなかったり、イライラしたり、嬉しかったり。いろんな事を思いながら練習していました。

そして、テコンドーを始めてからあっという間に時が過ぎ、気づいたら小学校を卒業して中学生になっていました。
そしてまたいつものお正月、叔父さんの家に遊びに行くと叔父さんから一言。

みんなの読んで良かった!